出前館

アルバイト制の出前館配達員の仕事がきついって本当?もっと自由に稼げる方法がある!

アルバイト制の出前館配達員の仕事がきついって本当?もっと自由に稼げる方法がある!

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!

Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン

当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方

15,000円追加でもらえるUber Eats登録方法はこちら


新規募集停止が間近?出前館配達員で月収70万円超え続出!

出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も時給換算3,000円超え」を実現していました!
さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。


つまり、10人中7人以上が時給換算2,000円超えを実現しているのです。


※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施


さらに、出前館では報酬増額キャンペーンを実施中で、1件の配達でなんと最大1,430円を受け取ることができます!
このおかけで現在、出前館では月収70万円超えの配達員が続出中で、中には月収100万円を超える方もいるほどです。


黙々と配達するだけで、今よりも月収を30〜40万円以上アップさせるチャンス!


今から始めるのがかつてなく「一番おいしい」タイミングです。
現在、出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、今後「募集停止」の噂もあります。
また、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
少しでも興味がある方は応募できる今の内に、配達員の登録だけでもしておくのがおすすめです。
登録してから、実際に始めるのは1ヶ月後とかも大丈夫ですよ♪

【期間限定】出前館配達員の公式登録ページ


報酬増額キャンペーンの時給換算3,000円超えは期間限定です!
登録して今のうちにガンガン配達しておくのがおすすめ!

出前館の報酬増額キャンペーンについてはこちらで解説しています。
>>出前館の紹介コード(キャンペーン)は終了!配達員の高報酬システムは継続中

新型コロナの影響で、フードデリバリー配達員の需要は、益々高まってきています。

大手配達員の一つ、出前館の配達員は、アルバイトスタッフとして働くことができます。

ネットやSNSでをみていると、「出前館のアルバイトはきつい」という書き込みが目につきますが、本当にきついのでしょうか?

噂に惑わされないために、どこがきついと言われているのか?をチェックしてみましょう。

また、最後に、出前館のアルバイトスタッフではない、もう一つの働き方についても、ご紹介します!

 

【アルバイト制】出前館配達員の仕事内容を時間の流れ順に確認しよう

【アルバイト制】出前館配達員の仕事内容を時間の流れ順に確認しよう

アルバイト制の出前館配達員の仕事内容について、簡単に確認しておきましょう。

勤務開始から終業までの流れを簡単に紹介します。

  • step.1

    勤務時間になったら、各エリアごとにある拠点に出勤する

  • step.2

    配達準備をする

    ※配達に必要な制服や車両、端末、お釣りなどは、拠点で借りることができます

  • step.3

    注文が入り次第、レストランに料理を取りに行く(自転車or原付バイク)
    ※支給されたスマホ端末に、注文通知が届きます。

  • step.3

    注文者の元へ、料理を配達する

  • step.3

    次のオファーがあるまで、エリア内で待機する
    ※次の注文までの待ち時間は、拠点によって対応がバラバラで、自由に過ごせるところもあれば、ポスティングをするところもあったりします。

  • step.3

    勤務時間が終わり次第、拠点に戻る

 

アルバイト制の出前館配達員のお給料事情は?

アルバイト制の出前館配達員のお給料事情は?

ここでは、アルバイト制の出前館配達員のお給料について、簡単に見てみましょう。

アルバイト制の出前館配達員は、もちろん「時給制」

アルバイトの配達員の給料は、「時給制」です。

配達エリアによって、時給の金額は、異なりますが、おおよそ900円~1,200円です。

一般的なアルバイトの時給と比較すると、「中の中」~「中の上」といったかんじでしょうか。

時給制なので、配達件数によって金額は変わりません。

当たり前の話ですが、1時間に1件配達しても、3件配達したとしても、もらえる給料は変わりません。

 

きつい!?アルバイト配達員からの口コミ・評判をみてみよう

きつい!?アルバイト配達員からの口コミ・評判をみてみよう

では、ネットやSNSで良く見かける、出前館のアルバイト制配達員の「きついエピソード」を、口コミや評判から拾って確認してみましょう。

きついエピソード①残業がある

出前館の配達員の仕事に限った話ではありませんが、忙しい時には残業があるときがあります。

出前館の営業時間は、基本的に9:00~21:00です。

あなたのシフトが仮に21時までだったとして、勤務時間ぎりぎりの20:55に注文を受けた場合、配達完了までやり遂げなければいけません。

もちろん配達が完了するまで時給は発生しますが、最大22時くらいまで残業する可能性は出てくるので、そのあとに予定があったりすると大変ですね。

きついエピソード②ガソリンを自分で補給しないといけない

出前館の配達では、「自転車」か「原付バイク」を使用することになりますが、原付バイクで配達する場合、ガソリンが少なくなってきたら、自分で補給する必要があります

もちろん自腹を切る必要はなく、お金は支給されますので、きついかというとそこまでな気はしますが、たしかに面倒といえば面倒ですね。

きついエピソード③配達と配達の空き時間に、ポスティングをしないといけなかった

出前館配達員の仕事内容は、「レストランから注文者の元へ料理を配達する」ことが仕事ですが、稼働時間中に、注文が入らない日・時間帯もあります。

注文を待っている間の時間は、ただの待ち時間として、自由に過ごせることもあるのですが、一方で、拠点によってはその待ち時間中に、出前館のチラシを周辺エリアにポスティングするよう指示が出ることがあります

本来の仕事内容とは違う内容になるので、これを「きつい」と感じる方がいるのかもしれないですね。

きついエピソード④配布される端末が使いにくかった

アルバイト制の配達員は、注文を受注し、ピックアップするレストランの情報や配達先の情報を外出先で確認するために、配達員専用の端末を借りて、仕事に行くことになります。

この端末が使いにくい…という声がみられました。

バッテリーの持ちが悪かったり、マップがうまく起動しないなど、端末のせいでスムーズに配達ができないこともあるようです。

端末の不調は、配達効率に直結するので、配達件数によって給料が変わる訳ではないとはいえ、ストレスなく配達するためにも改善してほしいですね。

きついエピソード⑤雨の日の配達がつらかった

出前館への注文は、雨の日に増える傾向があります。

注文者の気持ちは、「雨で外に出たくないから配達してもらおう」なので、雨の日に増えるのは納得ですよね。

なので、当然、雨の日でも配達はあります。むしろいつもより多いくらいに。

アルバイト制の配達員は、2週間おきのシフト制なので、「雨だから休む」というわがままは通用せず、雨の日でも配達しなければいけません。

原付バイクの場合、屋根がついていたり、雨具が貸し出されたりしますが、濡れてしまうことは免れません。

雨の中の配達は確かにかなりハードなので、極力避けたい人は、シフト提出前にしっかりと天気予報を確認しておくことをおすすめします。

 

【業務委託配達員のススメ】もっと自由に、もっと稼げる!!

【業務委託配達員のススメ】もっと自由に、もっと稼げる!!

ここまでは、アルバイト制の出前館配達員の話をしてきましたが、出前館の配達員には、もう一つおすすめの働き方があります。

それが、「業務委託配達員」です。

出前館と業務委託契約を結ぶことになるので、直接雇用契約は結ばず、個人事業主として活動することになります。

なんだか難しそうな気がするかもしれませんが、「料理をレストランから注文者の手持ちに届ける」という仕事の内容は基本的に同じです。

簡単にではありますが、業務委託配達員の特徴を、アルバイト配達員と比較しながら紹介します。

シフト無し!ノルマなし!自分の好きな時間に働ける!

アルバイト配達員は、2週間おきにシフトを提出して働くことになりますが、業務委託配達員の場合、シフトを提出する必要はありません

自分が好きなときにアプリを起動させ、注文を受け、配達すればOKなので、1か月間毎日働くこともできれば、週1日、隙間時間に1時間だけ働くという働き方も出来てしまいます。

もちろん、ノルマもありません!お金が欲しければ働き、遊びたければ配達しなければいいのです!笑

完全歩合制で、時給2,000円以上も可能!

アルバイト配達員の給料は、時給制です。

地域によって金額は異なりますが、だいたい900~1,200円程度です。

一般的なアルバイトと比較して、決して安い金額ではないでの、ネガティブな情報ではありません。

しかし、この金額以上に、魅力的なのが、業務委託配達員の報酬です。

業務委託配達員は、時給制ではなく、完全歩合制、成果報酬型となっています。

1件配達するにあたって、〇円という固定報酬が決められています。

配達エリア 配達報酬(1件あたり)
東京・千葉・埼玉・神奈川 715円(税込)
その他 660円(税込)
沖縄 550円(税込)

表を見たらわかるように、1時間以内に2件配達出来れば、それだけで時給1,430円!

しかも、現在「配達単価UPキャンペーン」を開催しており、なんと1.2倍や1.4倍まで配達単価がUPするので、1.4倍の場合1件配達すれば、1,001円の報酬を手に入れることができます!(東京・千葉・埼玉・神奈川エリアの場合)

もう一度言いますが、仕事内容はアルバイトと変わらず、料理をレストランから注文者の元へ届ける仕事で、アルバイトは、何件配達しようが時給は変わりませんが、業務委託配達員は、配達すれば配達するほど自分の報酬は上がり続けます!

着用義務のある制服は、帽子のみ!

アルバイト配達員は、拠点についた際に出前館の制服を渡され、その着用義務がありますが、業務委託員の場合は、ある程度の規則はありながらも、基本は自由です。

出前館のロゴの入った帽子のみ着用義務がありますが、「レストランで料理を受け取るとき」と「注文者に料理を受け渡すとき」にだけかぶればいいので、配達中は帽子をかぶらなくても問題ありません。

 

アルバイト配達員のきついエピソードも、業務委託配達員なら一発解決!

アルバイト配達員のきついエピソードも、業務委託配達員なら一発解決!

先程紹介した5つのアルバイト配達員のきついエピソード。

なんと!業務委託配達員なら、解決できてしまいます!

業務委託配達員ならこうなる!

  • きついエピソード① 残業がある
    →そもそも業務委託配達員にシフトはありません!働きたいときに働けばいいので、残業の概念はありません。
  • きついエピソード② ガソリンを自分で補給しないといけない
    →業務委託配達員は自分の車両で配達する事になるので、自分のバイクの補給は当たり前ですよね?
  • きついエピソード③ 配達と配達の空き時間に、ポスティングをしないといけなかった
    →業務委託配達員の場合、空き時間に他の業務を任されることは絶対にありません!
  • きついエピソード④ 配布される端末が使いにくかった
    →業務委託配達員の場合、自分のスマホを使います。モバイルバッテリーなども準備し、自分で働きやすい環境を整えることができます。
  • きついエピソード⑤ 雨の日の配達がつらかった
    →業務委託配達員なら、もし雨の日の配達が嫌なら、働かなればいいだけです!ただ、雨の日は、注文が増え、配達員が不足しがちなので、集中して稼ぎたいなら、あえて稼働するのもおすすめです!

 

まとめ:アルバイト制の出前館配達員の仕事がきついって本当?もっと自由に稼げる方法がある!

極論を行ってしまえば、お金を稼ぐためには、少なからず大変なこと、きついなと感じることは、どんな仕事にもあります。

それでも、少しでも負担の少ない、働きやすい環境で仕事がしたいと思う気持ちは、間違いではありません。

今回は、出前館のアルバイト制配達員と、もう一つの働き方として、業務委託配達員について解説しました。どちらにも良さはありますので、自分にあった方を選んでみてください。

当サイトとしては、シフトなし、ノルマなし、高単価の成果報酬型の業務委託配達員がおすすめです。

是非一度試してみてはいかがですか?

-出前館

© 2021 ウーバーイーツのバイト給料