新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。

出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。

【期間限定】出前館配達員の公式登録ページ



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

現在の出前館配達員の紹介キャンペーンについては、下記記事をご覧ください。

>>出前館の紹介コード(キャンペーン)は終了!配達員の高報酬システムは継続中

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!

Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン

当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方

15,000円追加でもらえるUber Eats登録方法はこちら


ファストフードからオシャレな料理店まで、さまざまな料理を好きな場所まで配達してくれる海外発のフードデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。

日本でも大分普及し、街中でも見かけることが多くなってきました。

この記事では、

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料・収入ってどのくらい?いくら稼げるの?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の仕組みは?・稼ぐコツを知りたい

という方に向けて、

Uber Eats(ウーバーイーツ)で200回以上配達をし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー300人以上と話をしてきた私が

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料・収入(時給換算)の実態とは?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐコツ
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事内容

について分かりやすく解説します。

(※本記事では分かりやすく伝えるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員で得るお金を”給料”と呼んでいますが、正しくは”報酬”になります。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録は下記からがスムーズです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方は上記からの登録がスムーズです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料換算・時給換算の目安は?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は会社のような固定給料で支払われるものではなく、配達に応じて報酬が支払われる「歩合制」です。

10名のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬を時給換算で平均したものが以下になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均時給換算:1,665円

(※Twitterから無作為に10人の給料を抽出して、平均した時給です。収入データは記事の最後に掲載しています。)

また、この平均時給を元に給料換算をしてみると、

”週5日 / 1日8h”働いた場合の1ヶ月の報酬は、266,400円

”週2日 / 1日4h”働いた場合の1ヶ月の報酬は、53,280円

(※1ヶ月 = 4週 で計算しています。)

となります。

このように、Uber Eats(ウーバーイーツ)は高時給換算を狙えるので副業で稼ぎたい方にもおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は会社員の給料と違い、歩合制なので成果によって金額にばらつきがありますが、配達に慣れてくると収入が上がってくる傾向があります。

以下は、配達員のレベルごとの1日の収入目安です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者の1日(8時間)の報酬目安:7,600円(時給換算:950円)

Uber Eats(ウーバーイーツ)中級者の1日(8時間)の報酬目安:11,200円(時給換算:1,400円)

Uber Eats(ウーバーイーツ)上級者の1日(8時間)の報酬目安:14,400円(時給換算:1,800円)

(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

また、こちらの「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達 バイトの給料・時給・収入より稼げる?1ヶ月の月収を公開~バイトの給料と比較」画像では、

(引用:http://kimurakoki.com/articles/ubereats-haitatsu-1month/)

1ヶ月で大体時給換算で「1,100円」程度の収入を得ていますが、最終的には時給換算1,900円になっています。徐々に慣れてくることで効率良く配達できるようになってきます。

まとめ

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの時給換算は平均して「1,665円」!
  • 歩合制なので、会社員の給料・時給に比べると、”ばらつき”がある!
  • 仕事に慣れてくると収入・時給換算が上がる傾向がある!

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録は下記からがスムーズです。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方は上記からの登録がスムーズです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は他のバイトより稼げる?

東京都の平均時給

(引用:https://townwork.net/tokyo/jikyuu/

2021年9月1日時点、タウンワークに掲載されているデータによると、

  • 東京都の平均時給:1,177円
  • 全国の平均時給:1,051円

となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均時給換算を1,665円とした場合、全国の平均時給と比べるとその差額は「614円」となります。

さらに詳しく見ていくために、Uber Eats(ウーバーイーツ)と他の仕事の時給を比べてみましょう。

各仕事の平均時給と比較した結果は以下の通りです。

 平均時給(東京都)Uber Eatsの時給との差額
Uber Eats(ウーバーイーツ)1,665円
宅配・デリバリー1,156円509円
飲食店(店長・マネージャー)1,400円265円
コンビニ1,056円609円
アパレル1,110円555円
ガソリンスタンド1,161円504円
イベントスタッフ・コンサートスタッフ1,373円292円
パチンコ1,315円350円
営業・企画営業(法人対象)1,451円214円
一般事務1,210円455円
塾講師1,323円342円
新聞配達1,238円427円
SE(システムエンジニア)1,636円29円
プログラマー1,478円187円
看護師・准看護師1,858円-193円
介護福祉士1,254円411円
WEBデザイナー1,119円546円
美容師1,141円524円

コンビニスタッフとUber Eats(ウーバーイーツ)の時給換算を比べた場合の差額は、なんと「609円」!

比較的高時給のイメージがある塾講師の時給とUber Eats(ウーバーイーツ)の時給換算を比べた場合でも、差額は「342円」となります!

仮に、週5日、1日8時間勤務として計算した場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入とそれぞれの差額は下記の通りになります。

(週5日 / 1日8h 勤務の場合) ①1週間の給料 ①Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料との差額 ②1ヶ月の給料(1ヶ月=週4で計算) ②Uber Eats(ウーバーイーツ)と他の給料との差額
Uber Eats(ウーバーイーツ) 66,600円 266,400円
コンビニ 42,240円 24,360円 168,960円 97,440円
塾講師 52,920円 13,680円 211,680円 54,720円

(※給料はあくまで目安です。地域・時間・店舗等により給料は変動します。)

あくまで目安にはなりますが、1ヶ月の仕事の給料で比べると、Uber Eats(ウーバーイーツ)はコンビニスタッフに比べておおよそ10万円近く多く稼げる計算になります!

また、システムエンジニアや看護師など、専門知識や資格などを必要とする仕事の給料とほぼ同じ水準の収入を得ることが可能です。

まとめ

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは他のバイトより「稼げる」!
  • 専門知識や資格が必要とされる仕事の給料と同程度〜それ以上の収入も狙える!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の支払いはいつ?バイトの給料より早い!

会社員でいう給料日、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の支払いは基本的に毎週火曜日です。

例えば1週間、月曜日から日曜日までで70,000円を稼いだ場合は、翌週の火曜日に、登録口座に70,000円が振り込まれます。

日曜日だけ1日働いた場合でも同様に、2日後の火曜日に報酬が振り込まれます。

ただし、月曜日が祝日だったり、海外からの振込のため遅れが発生すると火曜日ではなく水曜日や木曜日になることがありますが、80%以上は配達の翌週の火曜日に振り込まれ、遅くとも木曜日にはほぼ確実に振り込まれています。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は最初の設定だと「現金で支払う注文者」の方にも対応しており、普通に配達していると50%くらいは現金の注文者なので、半分くらいは現金で受け取ることになります。

その場合、当然ですが報酬がその日の内に受け取れます。

また、その場で受け取る金額は報酬より大きい商品代金のため、「今すぐにお金が欲しい」という方には大変ありがたい仕組みだと思います。

現金で報酬を受け取った場合、受け取った金額(商品代金も含まれる)と実際の報酬の差額を、1週間以内に支払うことを求められます。(アプリ上で簡単に支払えます。)

いずれにせよ、当日中、遅くとも翌週には報酬がもらえるのは大変ありがたいです。

まとめ

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料日は毎週振込!
  • 現金配達の場合は、その場でもらえる!

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録は下記からがスムーズです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方は上記からの登録がスムーズです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は固定給料制ではなく報酬制です

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、「1件配達を完了するごとに報酬がもらえる(歩合制)」という仕組みです。

たくさん配達すればその分給料が多くなりますし、1件も配達しなければ1円ももらえません。

通常のアルバイトだと、例えば飲食店であれば、お店と「雇用契約」を結び、お店の「従業員」として働きます。

契約には、決まった「時間給」が設定されていて、その日が混んでいようがガラガラだろうが「勤務時間 × 時給」が支払われますよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、「雇用契約」ではなくUber Japanと「業務委託契約」を結び「個人事業主」として働きます。

そのため、報酬は下記のように算出されて、支払われます。

報酬 = (基本料金 − サービス手数料) + インセンティブ(追加報酬)

下記にて、もうすこし分かりやすく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の仕組みは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の仕組みは、下記のようになっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の仕組み

■基本料金

受け取り料金 受け渡し料金 距離料金
東京・千葉・埼玉エリア 265円 125円 60円/km
横浜・川崎エリア 250円 120円 60円/km
名古屋・京都・大阪・神戸・福岡エリア 215円 105円 60円/km

基本料金は、1件の配達ごとに支払われます。

レストランから料理の受け取り・注文者への料理の受け渡し・レストランから注文者までの配達距離によって基本料金が決まり、上記のように配達エリアによって料金は異なります。

例えば、東京でレストランから2km離れた注文者の家に配達する場合の基本料金は、

(受け取り料金:265円) + (受け渡し料金:125円) + (距離料金:120円) = 510円

東京の場合は、サービス手数料として売り上げの10%が差し引かれるので、

510円 - 51円 =459円 

が1件の配達の報酬になります。

マクドナルドなど、2km圏内の配達だと1時間に3件配達できることも多いです。

そうすると基本料金だけでみても、

459円 × 3件 = 1,377円

となります。

これに加えて、さらにインセンティブ(追加報酬)が加わるので、時給換算で1,500〜1,600円ほど稼げるのが分かると思います。

では続いて、「インセンティブ(追加報酬)」について解説していきます。

■インセンティブ(追加報酬)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の大きな報酬にインセンティブ(追加報酬)があります。

インセンティブにはいくつか種類がありますが、基本的には配達件数やピークタイム(注文の多い時間帯)、顧客満足度に応じて支払われます。

追加報酬には,

  • ブースト
  • クエスト
  • ピーク料金
  • チップ

があります。

1つずつ説明していきます。

■ブースト

特定のエリアで配達することで”配送料の基本料金が1.2倍”などに上昇するインセンティブです。

つまり、1件あたりの配達時の基本料金が増えます。

下記の写真のようなイメージです。

配達エリアや時間帯によって変わりますが多くの場合、注文が多くなる昼や夜の時間帯の繁華街周辺に発生することが多いです。

■クエスト

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの給料を一気に押し上げるのが、この「クエスト」です。

新規登録から1週間ほど経過すると発生する場合が多いです。

クエストの内容はその人の配達件数や、実績によって異なりますが、例えば下記のように、1週間で90回配達すると基本料金の報酬とは別に、プラスで¥23,800など、鬼太っ腹なインセンティブになるわけです。

 

 

これだけの報酬が出ると嬉しいですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやってみたいという方は、まずWeb登録からするようにしましょう。

■ピーク料金

注文が殺到している時、雨が降っている時には「ピーク料金」が発生します。

2021年2月8日現在では、全国全ての配達エリアで対応しています。

これは通常の基本報酬とは別に、追加料金としてもらえます。

写真のように「+300円」など高めのピーク料金が発生するところも嬉しいポイントですね。

もちろん、上記のクエストやブーストとも併用できるので、ピーク料金が発生している時に近距離の配達を複数こなすと普通に時給換算2,000円くらいいきますね。

ピーク料金は「自分のいる場所の料金」、または「呼ばれた飲食店の場所」のどちらか高い方の表示料金がインセンティブとしてもらえるので、なるべくピーク料金が高い場所で待機することをおすすめします。

■チップ

チップは注文者が配達してもらった後に、配達パートナーにいくらかお礼金を支払うことができるサービスです。

チップには手数料がかからないので、注文者が支払った金額がそのまま報酬として反映されます。

料理をこぼさずに、スピーディーに、愛想良く配達すると、もらえることが多いです。

また、タワーマンション(富裕層)が多いエリアやチップ文化になじみのある外国人が多く住んでいるエリアで配達するのも良いでしょう。

上記8,000円くらい払われたらラッキーすぎますが、1回の配達で100円でも200円でも増えると、時給換算した時にグッと上昇するので嬉しいですよね。

このように、Uber Eats(ウーバーイーツ)は基本料金以外のインセンティブ要素が大きいので、ゲーム感覚で楽しく仕事をすることができるのです。

■サービス手数料

サービス手数料
東京・埼玉・千葉エリア 基本報酬の10%
横浜・川崎エリア 基本報酬の10%
名古屋・京都・大阪・神戸・福岡エリア 基本報酬の10%

サービス手数料は、全国どのエリアでも現在は基本報酬の10%になっています。

例えば、基本報酬が500円だったら、50円が手数料として引かれます。

ここまでをまとめると、1回あたりの配達報酬のイメージは下記のようになります。

■お昼にマクドナルドから2km先に届けた場合

(基本報酬:510円 - サービス手数料:51円) + (ピーク料金:150円) = 609円

1時間に3件配達した場合の時給換算は、

■1時間にマクドナルド3件を2km先に配達した場合の時給換算

609円 × 3件 = 1,827円

となり、時給換算で1,500円を超えるのが分かると思います。

さらに複数回配達することで、「クエスト」ボーナスがもらえます。

まとめ

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料は、「基本料金 / サービス手数料 / インセンティブ」で成り立っている!
  • 報酬 = (基本料金 − サービス手数料) + インセンティブ(追加報酬)
  • 配達件数を増やし、インセンティブを活用することが高時給のポイント!

Uber Eats(ウーバーイーツ)登録は下記からがスムーズです。

※Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方は上記からの登録がスムーズです。

 

ここまでの説明で、Uber Eats(ウーバーイーツ)が”割と稼げる”ことが伝わったと思います。

加えて、最近はUber Eats(ウーバーイーツ)に似たサービスが続々と出てきており、各社の特徴を活かすことで高い給料・時給を狙うことが可能です。

各社のサービスについて少しだけ触れておきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入と他のデリバリーサービスの給料比較

 平均時給
Uber Eats(ウーバーイーツ )1,400〜2,000円
出前館1,400〜4,000円
menu(メニュー)1,000〜1,600円
foodpanda(フードパンダ)1,000〜1,600円
DiDi Food(ディディフード)1,000〜1,600円

出前館

出前館配達員ロゴ画像

現在、出前館の業務委託配達員も注目されています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と比べて大きく違う点は、1件ごとの給料(配達単価)が固定であること。

インセンティブ(追加報酬)も豊富に用意されており、1件の配達で最大1,001円を受け取ることが可能です。

時給5,000円超えになる人もいるほど、安定して給料を稼ぎやすいのが特徴です。

下記の記事にて詳しく解説しています。

>>【人気殺到】出前館配達員の給料と時給を公開

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館配達員の給料、どっちが稼げる?

結論は、

「どちらも稼げる!」

です(笑)

配達エリアやインセンティブの状況により、”どちらが稼げるか”は変化するでしょう。

個人的な意見としては、、現在は「出前館配達員」がすごく稼ぎやすいので、めちゃくちゃおすすめです。

東京だと1件の配達で最大1430円の固定報酬です。しかもめちゃくちゃ注文が多い。時給換算3000円も簡単に行きます。(固定報酬がキャンペーンで高い。)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを登録しながら出前館配達員にも登録できるのと、登録してから仕事できる状態になるまで、1週間程度はかかってしまうので、やるかもしれない人は今のうちに登録しておくのがいいでしょう。

menu(メニュー)

Uber Eats(ウーバーイーツ)と配達システムが似ている「menu(メニュー)」。

異なる点は、”レストランへ料理を受け取りに向かう距離”も距離料金に含まれる点です。

2020年10月に配達報酬の計算方法が改正されたことにより、現状、バイクで配達される方はそこそこの時給・給料を狙えますが、自転車で配達される方にとってmenuはあまりオススメのサービスではなくなりました。

個人的には、高時給・高収入を狙うのであれば「Uber Eats(ウーバーイーツ)」か「出前館」の方がオススメです。

menuについては、下記の記事にて詳しく解説しています。

>>menu(メニュー)バイトは稼げる!現役メニュー配達員が解説します。時給や給料・収入も公開。

menu(メニュー)配達員の登録

>>【公式】menu(メニュー)配達員登録ページ

▼招待コード

DYX248

地域によって15000円がもらえます。

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda

2020年9月に日本でもサービスが開始した”foodpanda(フードパンダ)”

Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べると国内での認知度はまだ低いですが、タイやシンガポール、台湾など、アジアを中心に大きなシェアを持つ人気のサービスです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)や他の配達員と比べて大きく異なる点は、

  • 「シフト制」であること
  • 「時給保証制度」があること

の2点です。

foodpandaは、シフト制を採用しているので事前に働く時間を予約しておく必要があります。

このシフト制と相まって、

「1時間内の配達報酬が1,000円に満たなかった場合は、その差額分を保証する。(最低時給1,000円を保証。)」

という時給保証はfoodpanda独自の魅力です。

とはいえ、配達に慣れてくれば時給1,000円は簡単に超えますので、個人的にはやはりUber Eats(ウーバーイーツ)か出前館がオススメというのが本音です(笑)

foodpandaについては、下記の記事にて詳しく解説しています。

>>foodpanda配達員の給料・時給と収入を解説!稼げるの?

DiDi Food(ディディフード)

DiDiFood

DiDi Foodは2020年4月にサービスが開始されました。

menu(メニュー)と同様、Uber Eats(ウーバーイーツ)と配達システムがとても似ています。

異なる点は、”レストランへ料理を受け取りに向かう距離”も距離料金に含まれる点です。

この点はmenuと同じですね。

2021年2月8日現在、サービスを展開しているエリアは、大阪府、福岡県の一部地域となっていますが、今後も順次拡大予定とのことなので、これからの動きに注目ですね。

現状は、やはりUber Eats(ウーバーイーツ)か出前館が個人的にはオススメです。

まとめ

  • 現状は、Uber Eats(ウーバーイーツ)か出前館がオススメ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐコツは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料を稼ぐコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)で収入を上げるには、ただ何も考えずに配達するのではなく、コツをおさえ、効率的に配達をする必要があります。考えなくてももらえる給料とは違い、稼ぐ必要があります。

ここでは、高時給・高収入を達成しているベテラン配達員も実践する”収入アップのための配達のコツ”について解説していきます。

1. 目標を設定して、モチベーションを高める

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料を稼ぐコツ①

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で収入をガンガン上げて稼ぐぞ〜!」

と意気込んだは良いものの、配達を続けるうちに徐々に熱が冷めていき、稼働時間も減っていく…。

そうならないためにも、自分の中で具体的な給料や時給の目標を設定して、モチベーションを高く保つための工夫をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で高時給・高収入を得るには”継続すること”がめちゃくちゃ大切です!

順を追って解説していきます。

目標の設定

月にどれくらいの給料が欲しいのか?

時給換算でどれくらい稼ぎたいのか?

ということで、自分が稼ぐ給料と時給の具体的な金額の目標を立てましょう。

金額は、配達するエリアの平均時給や最低賃金を参考にしても良いかもしれません。

例えば、

  • 配達するエリアの平均配達単価が450円
  • エリアの最低時給が850円/1h
  • 平均時給が1000円/1h

だった場合は、2件で最低時給以上、3件配達することができれば、一般的なアルバイトよりも稼げていることになります。

さらに4件以上配達することができれば、より高い時給・給料が見込めます。

ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは天気や時間帯など、状況により収入・時給に”ばらつき”が出てきます。

「昼間は3件、注文が増える夜は4件を目安に配達しよう」

「明日は雨だから、いつもより少し多めに稼働して稼いでおこう」

といった感じで経験を重ねながら、臨機応変に対応して配達していくと良いでしょう。

あまりに高い目標を設定してしまうと、達成できなかったときにモチベーションが下がる原因にもなりますので、まずは確実に達成できる配達件数、給料・時給を設定するのが良いでしょう。

モチベーションを保つ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料を稼ぐコツ②

配達を長く続けるために、モチベーションを高く保つための工夫をしていきましょう。

具体的には、配達で使うものなどにちょっとしたこだわりや工夫をすると良いと思います。

例としては、下記の感じです。

  • 自転車にスマホホルダーをつける
  • 荷物が重いので、荷台をつける
  • 雨の日に使う雨具は機能性の高いもの / おしゃれなものを使う
  • 冬は防寒用にハンドルカバーを取り付ける
  • お気に入りのスニーカーを履いていく

配達を続けていくうちに、

「これがあったら便利だな

「これがあれば毎日楽しく配達できそう」

「これを使えばもっと効率よく配達できるかも」

といった気づきが出てくると思います。

その度に工夫することで、楽しく配達を続けられる環境を作っていきましょう。

2. ピーク料金・ブーストエリア内で配達する

ピーク料金・ブースト報酬エリアの内と外では、1件あたりの単価が変わってきます。

1件あたりの報酬の差は大したことありませんが、配達件数が増えるほど給料・時給の差が大きくなります。

できるだけピーク料金・ブーストエリア内で配達することをオススメします。

エリアの外へ飛ばされたときは、一旦オフラインにして、エリア内へ戻りましょう。

また、ピーク料金・ブースト報酬が発生するエリアは、駅前などの繁華街がほとんどです。

住宅街や地方で配達していて、給料や時給で伸び悩んでいる方などは、可能であれば配達エリアを繁華街方面に移してみるのも良いでしょう。

3. ピークタイム中に配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料を稼ぐコツ③

配達依頼が殺到するお昼や夜の時間帯をピークタイムと言います。

ピークタイムは下記の通りです。

ランチ :11:00 〜 14:00

ディナー:18:00 〜 21:00

この時間帯は、他の時間帯に比べ配達依頼が多くなるので給料アップのチャンスです。

副業でUber Eats(ウーバーイーツ)をしている方は、このピークタイム内で働くのが高時給・給料アップのポイントになるでしょう。

4. 雨の日に配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料を稼ぐコツ④

雨などの悪天候日は、高時給・給料アップのチャンスです。

天気が悪い日は、配達員の数が減り、逆に配達依頼は増えるのでいつも以上に多くの依頼をこなすことができます。

加えて、注文が殺到することでインセンティブ(追加報酬)も発生しやすくなります。

さらに、ピーク料金が普段の倍近く上がるので、1件あたりの配達単価が上がり、給料・時給も大きく上がります。(※配達依頼が多くなる昼・夕方の時間帯に発生するインセンティブのこと)

通常の場合と悪天候の場合の配達状況の比較は下記の通りです。

通常 雨などの悪天候日
配達員の数 多い 少ない
配達依頼の数 普通〜少ない 多い
クエストの発生率
チップ
ピーク料金 ¥100〜¥200 ¥200〜¥400

雨の日は、給料アップのチャンスで魅力的ですが、配達時の負担と危険度も増えます。

準備は念入りに行い、当日は無理のない範囲で配達しましょう。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)初心者の方は慣れないことも多く、さらに大きく負担がかかりますので、ある程度経験を積んでから、雨の日に配達することをオススメします!

5. 配達時間を短縮させる

一般的にデリバリーサービスの配達員が給料・時給を上げるためには、たくさん配達をする必要があります。Uber Eats配達パートナーも当然、そうです。

配達件数を増やすには、1件あたりの配達時間を短くすることが1番効果的です。

ここでは、配達時間を短くする具体的な方法をいくつか解説します。

◆地図をみる時間を減らす

配達中はGoogle Mapなどを使って、お店の場所や配達先を確認することになります。

この時、地図を確認する回数が増えるほどタイムロスが増えるので、結果的に1回の配達時間が長くなってしまいます。

ピークタイムなど配達依頼が多くなる時間帯に、このタイムロスは致命的です。

効率よく、素早く配達をするために、配達エリアの地形と住所は覚えるようにしましょう。

配達し始めの頃は大変だとは思いますが、意識しながら配達をこなすことで、次第に覚えることができます。

ただし、”分からないのに地図を見ない”など無理をすることは禁物です。

クレームにもつながってしまいますので、少しずつできる範囲で進めていきましょう。

”抜け道”を覚える

配達時、時間をよく取られるのが”信号待ち”です。

大通りの信号になると、2 ~ 3分ほど待たされる信号もあるのではないでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で高時給換算・高収入を得ている配達員の中には、赤信号や通行止めなどの場合に、止まらず進むための”抜け道”を把握している方が多くいらっしゃいます。

1件にかかる配達時間を減らし、たくさんの配達をこなすために、日頃から地図を読み込み、できるだけ多くの”抜け道”を把握しておきましょう。

配達を終えた一日の終わりに、地図を見ながら配達ルートを振り返って反省してみるのもオススメです!

◆料理を受け取るお店までの距離が短い配達に絞る

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、

”料理を受け取るお店までの距離”は加算されません。

つまり、遠く離れたお店へ向かうほど時間がかかり、1時間あたりにこなせる配達件数が下がってしまいます。

お店までにかかる時間は1~2分ほどが理想、最大でも4~5分まで。

それ以上は、よほど暇な時間帯でなければ受けない方が良いでしょう。

ただし、5分以上かかる距離でも、そのお店のエリアが「ピーク料金が適用されるエリア」であれば受けても良いかもしれません。

◆配達距離が長くなりそうな配達は断る

配達距離が長い依頼を受けると配達に時間がかかるので、1時間あたりの配達件数が少なくなってしまいます。

例えば、個人経営のお店は店舗数が少ないので、配達距離が長くなる傾向があります。

配達依頼の増えるピークタイムは、店舗数の多いチェーン店などの”配達距離が短くなりそうな依頼”を受けた方が、配達件数が多くなり、結果的に高時給を得ることができます

◆マイルールを決める

効率的に配達をするために、状況に応じたマイルールを決めておきましょう。

マイルールの例は以下の通りです。

  • ピークタイム時、料理の待ち時間は5分まで。
  • オフピーク時の待ち時間は、最大10分まで。
  • ピークタイム時の配達依頼は、大手チェーン店の注文のみに絞る。
  • ピークタイム時の配達依頼は、クレジット決済のみの注文に絞る。

ピーク時は注文数が増え、稼ぐチャンスです。

1件でも多くの依頼をこなすために、配達にかかる時間をできる限り短縮させることが大切です。

大手チェーン店は店舗数が多いので、配達距離が短い依頼が比較的多いです。

また、注文依頼も多いので短時間で多くの配達をこなせる可能性が高くなります。

さらに、クレジット決済のみの注文に絞ることで、現金対応の必要がなくなり、結果として配達時間の短縮に繋がります。

ただし、注文依頼が少なくなる時間帯は、現金対応も可能にしておくことで配達件数を増やすことができるでしょう。

◆ママチャリは使わない

ママチャリは速度が遅く、疲労がたまりやすいので、あまり効率的に配達ができません。

クロスバイクやロードバイクなどの軽い自転車の方が速度も出しやすく、疲労も溜まりにくいのでおすすめです。

ある程度勾配がある地域で配達されている方は、電動自転車もオススメです。

6. 配達エリアの注文傾向をつかむ

配達を重ねていくと、そのエリアの注文傾向がだんだんと見えてきます。

例えば、

  • 午前中はカフェやスイーツなど
  • 午後はファストフードや揚げ物料理など

そのエリアのニーズを把握して配達範囲を絞って動くことで、より効率的に配達をこなすことができます。

7. 状況によって変わるポイント

時間帯やエリアによって、稼げたり、稼げなかったりするポイントについて解説します。

◆同時注文の受付

2件同時の注文を受けてしまうと1件あたりの配達単価が下がります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、料理を受け取る際に「受け取り料金」が報酬として発生しますが、2件同時に配達依頼を受けた場合、受け取り料金は1件分しか発生しません。

ピークタイム内は基本的に同時注文を受け付けない方が高時給を狙えると思います。

しかし、

  • ピークタイム以外の比較的暇な時間帯の場合
  • クエストの(配達回数)達成報酬を狙っている場合

これらの場合は、同時注文を受けて良いかもしれません。

◆現金対応の受付

支払いが現金の配達はやり取りに多少の手間がかかるので、1件の配達時間が長くなり時給が下がります。

依頼が増えるピークタイム時などは「クレジット決済のみ対応」にすることで配達数を増やした方がより給料アップを狙えます。

逆に配達依頼が少ない時間帯は現金対応にすると良いでしょう

「現金支払 / クレジット支払」両方の配達依頼を受けることができるので、暇な時間帯でも配達数を増やすことができます。

◆配達依頼の待機場所

マクドナルドなどの注文が多く入るお店の前で待機している配達員をよく見かけます。

そこで依頼を受けることが出来れば、すぐに配達を開始できるというメリットがありますが、ほかの配達員が複数人いた場合はやめたほうが良いでしょう

注文が分散して、なかなか依頼が回ってこない可能性が高くなります。

しかし、お店の前に誰もいない場合は待機するのも良いでしょう。

曜日や時間帯、その配達エリアのニーズなどを考えて待機する場所を選ぶと、より効率的に配達をこなせるようになります。

まとめ

  1. 目標を設定して、モチベーションを高める
  2. ピーク料金・ブーストエリア内で配達する
  3. ピークタイム中に配達する
  4. 雨の日に配達する
  5. 配達時間を短縮させる
  6. 配達エリアの注文傾向をつかむ

状況によって、臨機応変に対応しよう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアごとの収入と時給換算。他のデリバリーの給料より稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で、各配達エリアでどのくらい稼げるのか解説していきます。

東京

  • 売り上げ:18,252円
  • 稼働時間:12時間52分
  • 時給換算:1,404円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

  • 売り上げ:57,234円
  • 稼働時間:33時間40分
  • 時給換算:1,700円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

こちらの2人はすごく効率よく稼ぐことができていますね。これくらい稼げればかなり嬉しいですね。

こんな稼げるのは東京エリアだけなんでしょうか?っていうことで次は大阪をみていきましょう。

大阪

  • 売り上げ:13,283円
  • 稼働時間:9時間59分
  • 時給換算:1,328円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

  • 売り上げ:63,697円
  • 稼働時間:41時間30分
  • 時給換算:1,534円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)
  • ガソリン代3770円引き後の時給換算:1,444円

あまり東京も大阪も報酬額は変わらない感じがします。

続いて、福岡のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入をみていきましょう。

福岡のUber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の時給換算

  • 売り上げ:84,211円
  • 稼働時間:65時間55分
  • 時給換算:1,275円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

  • 売り上げ:140,199円
  • 稼働時間:85時間47分
  • 時給換算:1,651円(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。)

1週間で14万円はすごいですね!

この人のペースだと、月収56万円も可能に見えます

(14万円 × 4週間)現実的にこの週は雨が降って稼ぎやすかったとしても、月45万円は全然いけるのではないでしょうか。(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますのでご了承ください。)

これらのデータをもとにした、東京 / 大阪 / 福岡の平均時給は以下の通りです。

 平均時給
東京1,552円
大阪1,431円
福岡1,463円

あくまで一例になりますので、前述の”稼ぐコツ”をキチンとおさえて工夫しながら配達をすれば、より高時給・高収入を得ることも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録はコチラから

Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する方法

Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナーに登録する方法は以下の通り。

  1. Uber Eats(ウーバーイーツ)公式サイトよりWeb登録する
  2. パートナーセンターで本登録をし、説明を受ける
  3. 専用アプリを起動し、配達を開始する

です。

すごく簡単に始められますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は確定申告が必要なのか

他に収入源がない場合(本業)は38万円を超えたら確定申告

現在、会社員や他のアルバイトをしていない人は、年間(1月1日~12月31日)の所得(収入-経費)が38万円を超えたら確定申告が必要になります。

先ほどからお伝えしてきた「稼いだ金額」が「収入」で、そこから経費(スマホホルダーのお金や、配達のための自転車にかかるお金、他の配達パートナーの方との情報交換の際の交際費など)を引いた残りが38万円を超えた場合に確定申告をします。

・そもそも売り上げが38万円を超えていない

・経費を引いたら所得が38万円超えなかった

という場合、「確定申告」は不要です。

副業で配達している人は20万円を超えたら確定申告

会社員として働きながら副業として配達員をしている方は、1月1日~12月31日の所得(1年間の配達収入-経費)が20万円を超えた時に確定申告が必要になります。

アルバイトしている人はアルバイトの収入と合算で38万円を超えたら確定申告(ただし控除が大きい)

アルバイトの給与所得(給料 − 給与所得控除65万円) + 【配達収入 ー 経費】

の合計額が1月1日~ 12月31日の1年間で38万円を超えたら確定申告が必要になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入データ一覧

ここでは、各配達員の実際の収入データを掲載します。

収入データ①

平均時給:1,653円

(引用:@heroherotube

収益データ②

平均時給:1,935円

(引用:@hrk_sugio

収入データ③

平均時給:1,297円

(引用:@mari_y_pink

収入データ④

平均時給:992円

(引用:@seira_hazuki708

収入データ⑤

平均時給:2,085円

(引用:@frequency_420

収入データ⑥

平均時給:1,488円

(引用:@takashi_0511

収入データ⑦

平均時給:1,105円

(引用:@UberEAT50298706

収入データ8

平均時給:1,469円

(引用:@takuwan1924

収入データ9

平均時給:3,037円(※インセンティブ報酬込み)

(引用:@sakamoto081738

収入データ10

平均時給:1,596円

(引用:@tkctr367

配達エリアや天候、経験の差によって収入にはばらつきが出ます。

一日の配達終わりに、その日の収入についてすこし振り返って考えてみるのも、給料を上げるポイントに繋がるかもしれませんね。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの自分の経験を踏まえて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入、時給換算について解説していきました。また、他のデリバリーサービスの給料との比較もしてきました。

これからの時代、ますますUber Eats(ウーバーイーツ)のようなフードデリバリーサービスが盛り上がっていくでしょうね。

まだ配達パートナーをしたことがない方は、今のうちにぜひ、自由な働き方を体感してみてはどうでしょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録はコチラから

© 2021 ウーバーイーツのバイト給料