Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで確定申告は必要?必要性や申告方法などを詳しく解説!

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーは、新しいタイプのワークスタイルとして現在注目を集めている仕事ですが、確定申告の有無や、その申告方法など、配達パートナーとして働く上でいくつかの疑問点はあると思います。 

ここでは、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーでの確定申告の必要性などを解説していきます。

 

そもそも確定申告ってなに?

確定申告とは、個人事業主、農業従事者、不動産賃貸業を営む個人や、不動産の譲渡による利益がある者が、定められた期間内の収入・支出、医療費や扶養親族の状況などから所得を計算し、その申告書を税務署へ提出し納付すべき所得税額を確定することを言います。

簡単に言えば、個人で得た収入に対しての税金を税務署へ申告することであり「所得税を納める手続き」と考えれば分かりやすいでしょう。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))でなぜ確定申告が必要?

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での確定申告の必要性ですが、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で配達パートナーとして働く際は、一般的なアルバイトやパートタイマーとは異なり、個人事業主としてUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))から仕事を受けることになります。

ですので、上記の「そもそも確定申告ってなに?」であるように、確定申告の該当される「個人事業主」に当たるため、原則として確定申告は必要となります。

ですが、基本的に、確定申告が必要となる場合は、該当する個人事業主であっても、立場や状況に応じてその必要性が異なる場合があります。

ワークスタイルやトータルの収入によって必要性が異なる

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は一般の雇用契約とは違い、個人事業主として仕事を受けるため、状況に応じて確定申告の必要性が異なる場合があります。

そのため、なにか本業を行いつつ副業として配達パートナーとして収入を得た場合は、「本業の収入+Uber Eatsで得た収入」に対して税金が発生します。

逆にUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を専業にし、1年間で既定の収入を得られなかった場合は、確定申告を行う必要がないケースもあったりします。

ですが、基本的には稼ぐことを目的として配達パートナーして仕事をしているので、基本的には「確定申告が必要」であることを念頭においた上で、配達パートナーとして業務を行うのが一般的と言えるでしょう。

ケース別で見てみる

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で働いて普通にしっかり稼ぐ際は、基本的に確定申告が必要となりますが、例えば学生の方、副業で配達パートナーをしている方など、ケースによって確定申告の有無が異なります。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を専業で行う

専業で配達パートナーを行う場合は、1年間で「38万円」という金額がボーダーとされています。

ボーダーの基準は、「基礎控除」が38万円に設定されているからであり、基礎控除とは、課税対象額を算出する際に一律で所得から控除できるといった制度のことです。

所得が38万円以下の場合は、この「基礎控除」を使うことによって課税対象額はゼロとすることができ、課税対象額がゼロになるということは、納めるべき税金も発生せず、確定申告が必要ないということになります。

つまり、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を専業で行う場合の確定申告の有無は、所得38万円をボーダーに考えれば分かりやすいと言えるでしょう。

 

ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして「どのくらい稼ぐことができるのか」という時給換算や給料を下記ページで公開しているので気になる方はみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を副業で行う

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は隙間時間も働けるため、本業をしながら副業で配達パートナーをされている方も多いです。

副業でされている場合は、専業で配達パートナーをされている方に比べ、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での収入が少ないため、確定申告の事情も異なります。

ここで目安となるのが1年間で「20万円」という金額であり、副業での所得が20万円を超えた場合は原則として確定申告が必要になります。

学生の場合は?

学生さんの場合でも、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))から仕事を受ける際は「個人事業主」として扱われるため、1年間で38万円以上の所得を得ると確定申告が必要となり、扶養からも外れてしまいます。

経費は重要な項目

確定申告を行う上で所得の計算は必要不可欠ですが、損をしないためにも経費計上を行うことは非常に重要と言えます。

例えば、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で月10万円の報酬があった場合、10万円がそのまま収入になるわけではありません。

この10万円は、いわばUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の仕事によって得た「売上」であり、売上から経費を引いた分が、個人に入る収入と言うことになります。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で認められている経費
使用する設備の購入費や維持費 配達に必要となる自転車の購入費やレンタル費用、原付(125cc以下)の購入費や維持費などが、Uber Eatsでの設備費用となります。
配達に必要となる交通費 配達に必要となる燃料費のことで、Uber Eatsでは原付を使用した際のガソリン代がそれに当たります。
配達に必要となる備品等 例えば自転車や原付に固定するホルダーや、配達用に購入したアウターなどが備品となります。
配達に必要となる通信費 アプリを使って配達するケースが多いため、スマホの通信費がそれに当たります。

これらのことがUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で認められている経費になります(私用で使っているものは経費計上できないので注意が必要です)

経費を計上しないと本来払わなくていい税金も払ってしまうおそれがあるため、経費になりそうなものは、細かいものでもしっかりと計上するようにしましょう。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での確定申告のポイント

それでは最後に、これまでの情報を踏まえて、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での確定申告のポイントや注意点をまとめていきます。

確定申告が必要なケース
  • 本業をしていて副業の所得が年間20万円以上
  • 専業で配達パートナーを行い年間38万円以上の所得
  • 学生で年間38万円以上の所得

これらに該当する場合は、原則として確定申告が必要となります。

 

確定申告の注意点
  • 毎年216日から315日の期間で申告する
  • 期間が過ぎた場合は延滞税や無申告加算税を追加で支払う
  • 経費計上には領収書が必須

毎年216日~315日の期間で申告する必要があり、期間が過ぎてしまうと、延滞税や無申告加算税を追加で支払う必要があるため注意が必要です。

また経費計上ではそれを裏付ける領収書やレシートが必須となるので、綺麗にまとめてしっかりと保管しましょう。

 

まとめ

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーで確定申告の必要性などを解説してきました。

経費計上や売り上げ管理など、一般的なアルバイトやパートタイマーとは違い、面倒な点も多々ありますが、その分仕事の量を増やせば増やすほど収入が上がるため、ある意味やりがいのある仕事だと言えます。

確定申告を疎かにしてしまうと、大きく損をしたりすることもあるので、日々の収支や経費に常に注目し、スムーズに確定申告を行えるように心掛けましょう。

 

また、Uber Eats配達パートナーをこれから始める方は、まずweb登録をし、それからパートナーセンター で本登録の手順になります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式ページ

 

もっと稼げる報酬金額・時給換算について実績つきで知りたい方は下記ページを見てみてくださいね。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料