Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金は?料金やシステムの仕組みから料金が高いかを検証。

 

最近何かと話題になって注目されている宅配サービスのひとつが「Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))」ですが、注文し利用するにあたって、利用料金は誰もが気になるところです。

今回は、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の料金やシステムの仕組みから、利用する際の料金が高いのかを検証していきます。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))とは?

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))とは、海外でスタートした料理宅配サービスで、日本では2016年からサービスが開始した、新しいタイプの宅配サービスです。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の概要

  • 業種 オンラインフードデリバリー
  • 設立 2014
  • 本社 アメリカ・カリフォルニア
  • 事業エリア 全世界
  • 日本でのサービス開始 2016

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))はアメリカ発祥のオンラインフードデリバリーサービスで、日本でのサービスは上記にもあったように、2016年から東京都を中心にサービスが開始されました。

世界各国に事業所をもっており、まさに全世界を対象に事業を展開する、新しいタイプのサービスと言えます。

日本でのサービスは、「飲食店の料理を宅配する」ことをメインのサービスとして展開しており、現在では関東・関西の各主要エリアを中心として年々拡大傾向にあり、2020423日時点では16都道府県がサービス対象エリアとして展開されています。

普段なら外食でしか味わえない飲食店の料理を、気軽に自宅で味わえることが、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を利用する大きな魅力のひとつだと言えるでしょう。

 

配達パートナーとしての報酬・給料換算・時給換算が高いかどうかについて、下記ページで実績を公開して紹介しているので、興味のある方はみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の宅配の仕組み

ここからは、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の宅配の仕組みについて詳しく見ていきます。

3つの関係性で成り立つシステム

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の宅配サービスは、「注文者」「飲食店」「配達パートナー」この3つの関係性によって成り立っていると言えるでしょう。

注文者 料理を注文するユーザーであり、お客様のことです。
飲食店 料理を注文者に提供する飲食店で、レストランや中華料理、ファストフードなどさまざまな飲食店と提携しています。
配達パートナー 料理を注文者に届ける役であり、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))から個人事業主として仕事を受けます。

料理を注文する「注文者」、料理を提供する「飲食店」、それを配達する「配達パートナー」これらの3つの関係性をバランスよくつなげ、それぞれにメリットを提供するのがUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の大きな役割と言えるでしょう。

注文者のメリット

利用する側にとっては、そのサービスを利用する上でどのようなメリットがあるのか気になるのは当然で、そのメリットが利用する判断にもなります。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))では注文者が利用するにあたり次のようなことがメリットとして考えられます。

  • 簡単操作のオンラインなので素早く注文できる
  • 普段家では食べられない飲食店の料理を家で楽しめる
  • 電話注文の煩わしさがない

一番のメリットは普段宅配サービスをしていない飲食店の料理も自宅で楽しめる点で、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を必要とする飲食店の多くは、宅配サービスを自社で展開してないので、普段であれば来店して食事をする必要があります。

ですが、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))と提携することで、新たに「宅配」というサービスが加わることで、普段自宅で味わえない飲食店の料理を自宅で堪能することができます。

注文から宅配までの流れ

それでは次に、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を利用する際の、注文から宅配の流れまでを解説していきます。

    会員登録 アプリストアから「Uber Eatsアプリ」を無料インストールし会員登録を行います。

電話番号、氏名、メールアドレスなど、ガイダンスに従って必要となる情報を登録します。

    お店や料理の検索 登録後すぐに注文することが可能で、画面では登録住所近隣のおすすめ人気店から選べたり、またキーワードやジャンルなどから検索することも可能です。
    商品を選択 気に入った料理を見つけたら、商品を選択し「カートに追加する」をタップします。
    受け渡し場所を確認 受け渡し場所の確認を行います。

会員登録時には自宅住所の他にも、勤務先やその他指定場所の登録も可能です。

    注文をタップ 確認の完了後、「注文する」をタップすれば注文が完了です。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の料金の仕組み

ここからは、上記で紹介した仕組みを踏まえて、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の利用料金を見てきます。

料金の仕組み

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の料金は「料理代+サービス手数料10%+送料」この算出方法で料金が決まります。

料理代 料理そのもの料金で、飲食店によって価格が異なります。
サービス手数料10 料理代に対しての手数料で、例えば料理代が500円の場合は、50円が手数料となります。
送料 宅配にかかる費用で、宅配距離や時間帯、エリアなどさまざまな要素で変動します。

たまに、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の料金は高いとされることがありますが、その理由としては、料理の代金に加えて、「サービス手数料」と「送料」が必要になることが大きな要因と言えます。

送料が変動する理由

上記の「料金の仕組み」にもあったように、送料はさまざまな要素で変動します。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を利用するにあたり、料金の目安を計る上では、この送料が肝になる項目と言えます。

距離に関しての料金は正式には公表されていませんが、配達パートナーとしてUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で仕事を受けた際は、1km当たりの単価が配達パートナーに支払われます。

このことから、距離に関しての送料は「1km単位で変動する」と考えることができるため、飲食店と自宅との距離が近いほど送料は安く、遠ければ遠いほど送料が高くなると言えます。

また、配達パートナーには距離料金の他にも、インセンティブが追加報酬として発生し、こちらは「時間帯」や「天候」などによって発生します。

送料が変動するポイント
  • 距離に応じて変動する
  • ピーク時など時間帯に応じて変動する
  • 天候に応じて変動する

これらのことを踏まて、送料の目安を計りましょう。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を安く利用する方法は?

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の料金が高いとされている理由は、「手数料」「送料」この2点が大きな要因であると言え、これは宅配サービスを利用する上である意味仕方のない経費のようなものです。

ですが、工夫をすることによってUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の宅配サービスを安く利用することもできます。

近い店から探していく

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は注文する際にアプリを使いますが、そのアプリにはマップ機能が搭載されているので、自宅に近い飲食店を探すことができます。

送料は距離によって変動するため、なるべく近いお店の料理を注文することで、少しでも送料を節約することができます。

配達しやすい天候や時間帯

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の送料の変動は、上記にあったように天候や時間帯にも影響します。

配達しにくい雨の日や、お昼時などのピーク時などは、送料が高くなる要素が多いですが、逆にそれ以外であれば変動する要素が少なくなると言えます。

割引サービスの活用

利用回数による配達料金の割引や、クーポンによる割引など、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))ではさまざまな割引サービスが実施されています。

これらを上手くタイミング良く活用すれば、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を比較的安く利用することができるため、Uber Eatsを継続して利用する際は、アプリの情報は積極的にチェックしておきましょう。

 

まとめ

ここまでUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の料金についてさまざまな角度から検証してきました。

あくまでも宅配サービスなので、飲食店に来店にして直接飲食するよりも、料金は高くなってしまいますが、上手に工夫することで、比較的安く利用することもできます。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を利用する際は、ここまで紹介させていただいた仕組みを理解した上で、工夫することを心掛けて使えば、注文者にとってもメリットの多いサービスだと言えるでしょう。

 

また注文するだけでなく、配達パートナーとして仕事をしてみたい方は、下記で実際に仕事をした収入・時給換算を公開しているので、みてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの時給・給料について実績公開。

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料