Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの手引き【メリット(8個)・デメリット(7個)を徹底解説!】

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの手引き【メリット(8個)・デメリット(7個)を徹底解説!】

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。

出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。

【期間限定】出前館配達員の公式登録ページ



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

現在の出前館配達員の紹介キャンペーンについては、下記記事をご覧ください。

>>出前館の紹介コード(キャンペーン)は終了!配達員の高報酬システムは継続中

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!

Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン

当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方

15,000円追加でもらえるUber Eats登録方法はこちら


誰でも、気軽に始められる副業として、最近一気に数を増やしている『Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー』。

配達エリア内にお住みの方は、外を歩いていると、毎日のように、大きな黒いバックを背負った配達員の姿を目にしているとのではないでしょうか。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに興味はあるけど、いまいちよく分かっていないな、と言う方に向けて、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くときのメリットとデメリットを紹介します。

また、デメリットについては、ただネガティブな情報をお伝えするだけでなく、「こうすればいいよ」「こういう考え方もあるよ」という違った角度からのアドバイスをさせて頂きますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやるメリット8選

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやるメリット8選

ではまず、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやるメリットについてみていきましょう。今回は、8つピックアップしました。

【メリット①】シフト無し!好きな時間に好きなだけ働くことができる

会社勤めの人やアルバイトと異なる、一番の特徴とも言えるのが、「好きな時間に働ける」ということです。

毎日の勤務時間が定められている訳でもなく、シフトを提出する必要もありません。

  • 「夜の約束まで少し時間が空いたらから」
  • 「今月、本業の収入だけだときついな」
  • 「来月、大切な人の誕生日だから、プレゼントを買いたい」

そう思った時に、いつでも好きなだけ働き、稼ぐことができるので、本業としてももちろんですが、副業として、これほど自由がきく仕事は他にありませんので、とてもオススメです!

【メリット②】毎週報酬が振り込まれる!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ報酬は、週に1回(だいたい火曜日)振り込まれます。毎週給料日です!

※月曜から日曜までの稼いだ報酬が、火曜日以降に順次振り込まれることになっています。

だいたいのアルバイトは、月払いが多いですが、毎週給料日があるのは、なるべく早く手元にお金がほしい!と言う人にとっては有り難いですよね!

【メリット③】職場のストレス、人間関係の悩みから解放される

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、基本的に一人で働くことになります。

なので、上司も部下もなく、ぎすぎすした人間関係は一切ありません

誰かに指示・命令されることもないので、ストレスフリーに働くことができるでしょう。

コミュニケーションをとる必要がある場面といえば、「商品を受け取るとき」と「商品を受け渡すとき」くらいです。ここも挨拶程度で問題ありませんので、初対面の人との会話が苦手な人も、安心です。

【メリット④】難しい技術や資格は必要なし!18歳以上なら誰でも気軽に始められる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、18歳以上であれば、誰でも登録して働くことができます

採用面接があったり、履歴書を書く必要があることもないので、気軽に始めることができますね!

しいて言うなら、配達でスマホは必須ですので、持っていないと登録自体ができませんのでご注意ください。

【メリット⑤】服装・髪型が自由に働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの服装や髪形は、自由です。

一般的な会社員や、アルバイトなどでは、職場ごとに制服があったり、服装や髪形に規則があることがほとんどです。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合は、全くの自由です!気軽に始められるので、嬉しいポイントですね。

一つ注意してほしい点があるとすれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)には『評価』があります。注文者やお店のスタッフが、配達パートナーについて配達後に評価をつけることができるようになっています。

配達中、基本的には気にする必要がありませんが、あまりにも評価が下がりすぎると問題です。最悪の場合、アカウントを停止されてしまいます。

配達の中でコミュニケ―ションをとる時、レストランの人、注文者に不快感を与えないための、最低限の清潔感がある身だしなみは意識しましょう!

食べ物を運ぶ仕事ですので、衛生面には気を配りましょう。

【メリット⑥】配達パートナー向けの補償制度が整えられている

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、Uber Eats(ウーバーイーツ)と業務契約を結んだ段階で、自動的に保険に加入したことになり、万が一の時、補償制度が適応されます。

追加で費用がかかることもありませんし、別に申し込み手続きを行う必要もないので安心です。

補償制度の詳細は、下記の通りです。詳しくは、公式サイトにも記載があるので、確認してみてください。

<対人・対物賠償責任制度>

  • 補償額:上限1億円
  • 最大自己負担金:なし

<障害補償制度>

  • 医療見舞金:MAX50万円
  • 死亡見舞金:1000万円
  • 葬式費用:MAX100万円
  • 後遺障害見舞金:最大1000万円
  • 入院見舞金:7500円/日
  • 配偶者/被扶養者見舞金:15万円

ココに注意

保険が適用されるのは「配達中」です。細かく言うと、「リクエスト受付~配達完了」です。なので、待機中や移動中の事故には保険が適用されませんので注意が必要です。

【メリット⑦】配達に必要な備品などは『経費』として計上でき、節税できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、雇用契約を結ぶのではなく、「個人事業主」として働くことになります。

なので、配達に必要なもの、たとえば自転車やバイクなどの配達車両、スマホホルダー、配達ウェア等の備品は、年度末の確定申告の際、「経費」として計上する事が出来ます。

安く買えるわけではありませんが、節税効果があり、最終的に支払わなければいけない税金を安くすることができるので、結果的に手元に残るお金は増えるということになります。

【メリット⑧】適度な運動になり、健康にも良い!

運動もできて、お金も稼げる。まさに一石二鳥な仕事と言えますね!

普段の本業がデスクワークが多い方は、平日の仕事終わりや休みの日に、数時間自転車で配達するだけでも、身体によい適度な運動になるので、とてもおすすめです。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやるデメリット7選

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやるデメリット7選

次に、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやるデメリットについて、順番にみていきましょう。

【デメリット①】大きな配達バッグをもって配達するのが恥ずかしい

Uber Eats(ウーバーイーツ)と言えば、黒のロゴ入りの大きな配達バッグをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

一瞬で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)の人だ!」と気づかれるので、慣れるまでは、周りの人の視線が気になる方もいるかもしれません。

そこで、周りの視線が気になる方に、朗報です!

実は、あのロゴ入りの配達バッグは、必須ではありません!別にあのカタチでなくても、商品を安全に配達でき、保冷・保温ができるものであれば、無地のバッグでも全く問題もありません!

これで少しは気持ちが楽になったのではないでしょうか!

【デメリット②】歩合制なので、稼働するだけでは稼げない!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は、時給制ではありません。あくまでも配達件数に応じた歩合制です。

なので、アプリを開いて自転車にのっていたとしても、実際に注文を受けて、商品をお客さんの手元に届けなければ、いくら待機していたとしても、報酬は1円も発生しません

配達件数と、報酬額が完全にリンクしているので、とにかく待ち時間や移動時間を減らして、効率よく配達していくことが、多く稼ぐために絶対に必要な考え方です。

【デメリット③】配達可能エリアによって働きにくい、働けない人がいる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、フードデリバリー業界では最大手ではありますが、まだ日本中で利用できる訳ではありません。

配達対応エリアが限られているということは、配達パートナーとして働けるエリアも限りがあり、人によっては、自分の周り地域では、そもそも配達対象外で働けない!というパターンがある訳です。

毎月のように、配達エリアは拡大しつつあるので、近い将来、自分の住んでいるエリア付近がUber Eats(ウーバーイーツ)のサービス対象エリアになるかもしれませんので、期待して待ちましょう!

【デメリット④】天候に左右される

自転車やバイクで配達する以上、どうしても天候に左右されることはあります。夏は暑いし、冬は寒いです。

そして、季節問わず、雨の日の配達は、雨対策をしたとしても、決して気持ちの良いものではなく、スリップ等の事故の可能性も高くなってしまいます。

ただ、総じて、「今日は配達したくないな」と感じる日は、みんな同じ考えなので、稼働している配達パートナーの数が減ります。その一方で、注文数は増える(暑いから、寒いから、雨だから、自宅に届けてもらおう!と考えますよね)ので、配達件数をこなすうえでは、とても良い条件が整うことになります!

インセンティブが発生する事も多いので、まさに稼ぎ時です。

達人くん
もちろん、Uber Eats(ウーバーイーツ)は好きな時に働けるので、過酷な状況では働かないのも自由だし、人が少ないときこそチャンスだと思って稼働するのも自由です!

【デメリット⑤】確定申告を自分でやらないといけない

先程、経費のときにちらっと出てきましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ報酬は、年末に自分で確定申告をしなければいけません。

会社に勤めていれば会社が代わりにやってくれますが、個人事業主の場合は、全て自分で行う必要があります。

初めて確定申告を自力でやるときは、分からないこともたくさんあるとは思いますが、会計ソフトなどを使って自力でできないことでもないので、年末が近づく前に一度度調べてみてください!

確定申告については、■出前館の業務委託配達員は確定申告が必要!副業でも必須?(※会社にバレない方法があります)で詳しくまとめていますので、よかったら参考にしてください。

※出前館の記事ですが、考え方は全く一緒なので参考になると思います。

【デメリット⑥】事故に遭遇するリスクが高くなる

自転車やバイクで配達している以上、どうしても事故にあう可能性は、日常生活よりも高くなります。

事故に巻き込まれる確率も、事故を起こしてしまう確率も、です。

配達中は、「早く配達すること」も大切ですが、「安全に届けること」も同じくらい大切です。

細心の注意を払うことはもちろんですが、万が一のときに備えて、Uber Eats(ウーバーイーツ)がサポートしてくれる「配達中の対人・対物賠償責任保険および、配達パートナーへの傷害補償制度」についても、チェックしておきましょう!

達人くん
Uber Eats(ウーバーイーツ)の補償制度は、事前に申し込んだり、追加料金を支払ったりする必要はないので安心です!

【デメリット⑦】長時間稼働すると、体力的な負担が大きい

仕事内容的に、どうしても体力的にしんどいところがあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は時給制ではなく、歩合制です。なので、多く稼ごうと思えば、どうしても回数をこなす必要があります。

特に自転車で配達をする場合は、一日に数十キロも漕ぐことになるので、やっぱり体力的な負担は大きくなってしまいます。

長時間・毎日稼働する時は、原付バイクで配達するなど、無理せず、長く効率よく続けられる方法を見つけましょう!

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法を、チェックしておきましょう。

  • Uberのアカウント作成(メール・名前など)

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトから、「氏名」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「ドライバー登録を希望する都市」「紹介コード」を入力し、「今すぐ登録する」をクリックしてください。

    さらに詳しく

    メリットのところでも説明しましたが、当サイトの紹介コードを入力してくれた方限定で、キャッシュバックをお渡しする『紹介キャンペーン』開催中です!期間限定ですので、ぜひこのタイミングでお得に始めましょう!

  • 必要書類(プロフィール写真・身分証など)をアップ

    無事アカウントの作成できたら、表示される画面に則って、各種必要書類をアップしていきましょう。

    配達車両に関わらず、全配達パートナーに共通して必要なのが、「身分証明書(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・小型船舶操縦免許証・【学生】学生証と健康保険証)」と「プロフィール写真」です。

    写真は、エラーにならないように、必ず鮮明なものを選びましょう!

    それ以外に必要になる書類は、配達車両によって異なります。

    さらに詳しく

    原付バイクで配達する方:「運転免許証」「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の証明書」「ナンバープレート写真」

    軽貨物、バイク(125cc超)で配達する方:「自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証」「任意保険または共済保険の証明書」

  • 銀行口座を登録

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬が振り込まれる銀行口座を登録しましょう!

    ワンポイントアドバイス!

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬は海外送金になります。そのため、「ゆうちょ銀行」・「ネット銀行」・「信用金庫」の口座は使えません。また、「みずほ銀行」・「りそな銀行」もセキュリティシステムの都合上、毎回電話での確認作業が必要となり、手続きに時間がかかるので、「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」がおすすめです。

  • 配達パートナー専用アプリをダウンロードし、配達バッグを準備

    審査を待っている間、配達パートナー専用アプリ「Uber Driver」(iPhoneAndroid)をインストールし、配達バッグも準備しておきましょう。以前は、レンタルできましたが、現在はアマゾンで購入(4,000円)する必要があります。

    ココがポイント

    複数のフードデリバリー会社の配達員を掛け持ちする場合は、先ほど説明したように「ロゴなしのバッグ」が便利でおすすめです。また、転売ヤーから定価よりも高いバッグを買わされないように気をつけてください。

  • 審査完了後、配達パートナーとして稼働!

    無事審査がおわり、アカウントが有効化されれば、いよいよ配達パートナーとして、働き始めることができます!

    残念ながら審査の都合上、アカウントを作成してすぐに働きだせる訳ではない(コロナの影響で登録希望者が増え、通常よりもさらに時間がかかっています)ので、時間があるときに手続きを進めておくことをおすすめします。

 

まとめ:Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット(10個)・デメリット(7個)を徹底解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット(8個)・デメリット(7個)を紹介してきました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、今でも多くの方に利用されているサービスですが、日本では、2016年9月に東京でサービスを開始したばかりのまだまだ新しいサービスです。配達エリアも、まだ全国47都道府県に広がっていません。

出前館やmenu(メニュー)などの同業他社もドンドン勢いをつけてきていますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)も今後ますますサービスエリアを拡大させ、より充実したサービスにモデルチェンジをしながら、配達パートナーにとっても働き易い環境を整えていってくれるはずです。

配達員の仕事は、数をこなせばこなすほど経験値が溜まり、土地に詳しくなり、効率良く稼働できるようになります。

登録したからといってすぐに働き始めないといけない訳でもありませんので、この機会に少しでも興味を持たれた方は、ぜひUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録してみましょう!

-Uber Eats

© 2021 ウーバーイーツのバイト給料