Uber Eats

【結論:Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝稼げる】朝から稼ぐコツを紹介!

【結論:Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝稼げる】朝から稼ぐコツを紹介!

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!

Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン

当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方

15,000円追加でもらえるUber Eats登録方法はこちら


新規募集停止が間近?出前館配達員で月収70万円超え続出!

出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も時給換算3,000円超え」を実現していました!
さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。


つまり、10人中7人以上が時給換算2,000円超えを実現しているのです。


※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施


さらに、出前館では報酬増額キャンペーンを実施中で、1件の配達でなんと最大1,430円を受け取ることができます!
このおかけで現在、出前館では月収70万円超えの配達員が続出中で、中には月収100万円を超える方もいるほどです。


黙々と配達するだけで、今よりも月収を30〜40万円以上アップさせるチャンス!


今から始めるのがかつてなく「一番おいしい」タイミングです。
現在、出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、今後「募集停止」の噂もあります。
また、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
少しでも興味がある方は応募できる今の内に、配達員の登録だけでもしておくのがおすすめです。
登録してから、実際に始めるのは1ヶ月後とかも大丈夫ですよ♪

【期間限定】出前館配達員の公式登録ページ


報酬増額キャンペーンの時給換算3,000円超えは期間限定です!
登録して今のうちにガンガン配達しておくのがおすすめ!

出前館の報酬増額キャンペーンについてはこちらで解説しています。
>>出前館の紹介コード(キャンペーン)は終了!配達員の高報酬システムは継続中

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしていると気になってくるのが、「どの時間帯に稼働するのが一番稼げるのか?」という疑問。

昼ごはん時や晩ごはん時に注文が増えるのは、想像しやすいですが、「朝の時間帯」はどうでしょうか?

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で朝(午前中)に稼働しても稼げるのか?

さらに、朝の配達で稼ぐコツについて、解説していきます。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、なぜ朝が稼げるのか?朝一から稼働すると得られるメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、なぜ朝が稼げるのか?朝一から稼働すると得られるメリット

すでにタイトルにもかいていますが、結論から言うと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、朝一から稼働しても、十分稼ぐことができます!

一般的に、お昼時や夕食時のピーク時と比較すると、注文件数自体は劣ってしまいがちな朝の配達が、なぜ稼げると断言できるのか、その理由と得られるメリットをお伝えします。

ライバルが少ないので、注文が受けやすい

朝の配達が稼げると言える、最大の理由は、「ライバル配達員が少なく、注文を受注しやすいから」す。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの魅力は、「自由に、好きな時に働ける」という点です。

そのため、シンプルに朝が苦手な人は、午前中はアプリを起動させず、お昼頃から働いたり、夕方から深夜にかけて働く人が多いのが特徴です。

また、副業でやっている人は、朝は本業の出勤時間と重なってしまうので、就業後に数時間働く方が多く、当然朝の時間帯に稼働することはありません。

このように、朝の時間帯は、1日のなかで最も配達員の数が少ない時間帯となっています。

なので、注文数がピーク時ほどなかったとしても、リクエストを受ける稼働中の配達パートナーの数が少ないので、一人当たりの受注件数が増え、「ライバル同士で注文を奪い合う」というリスクを回避して、働くことができます!

達人くん
新型コロナの影響もあり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの数が、飽和し始めているエリアもあります。いかに、ライバルが少ない時間帯・エリアで稼働できるかが、今後ますます重要になってきますよ!

交通量が少なく移動しやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達報酬は、詳細な計算方法は明かされていないですが、距離や時間も、報酬に含まれます。

ということは、1秒でも早く配達先を回り、1メートルでも短い距離で配達を終えることが、効率よい働き方のポイントになっています。

そこで、言い方は悪いですが、邪魔になってくるのが、「歩行者の多さ」「交通量の多さ」です。笑

自転車でも原付バイクでも、「スムーズに移動できる」のと、「人混みをよけながら、渋滞に巻き込まれながら移動する」のでは、配達件数に大きな差が出てきてしまいます。

朝の時間帯は、出勤している人はもちろんいますが、レストランの周りの混雑はほとんどありません。

効率良く働くためには、まずは「ムダ」を省くこと。朝の人や交通量の少ないタイミングで、効率よく稼いでいきましょう!

目標金額を早く達成できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)で計画的に稼ぐポイントに一つに、「目標を設定する」ことが大切です。自由に働けるとはいえ、ダラダラ制限なく働き続けるのは非効率です。

1ヶ月、1週間、1日ごとの目標金額を設定して、稼働することが大切なのですが、朝から稼働すれば、1日の設定目標の達成を早い段階でクリアできる可能性が高くなります

昼から働きだして、ずるずると深夜近くまで稼働し続けるのは、体力的にも、精神的にも芳しくありませんよね。ますます夜型人間になってしまいます…

ココもおすすめ

もし朝の時間帯の配達が思っていたよりも上手くいかなかったとしても、午後からの配達で、仕切り直して巻き返せるチャンスが多い点も、朝から働くメリットの一つです。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝から稼ぐコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝から稼ぐコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)で、もっとも注文が多い時間帯、いわるゆピーク時間は、残念ながら朝ではなく、ランチタイム(11:00~14:00)とディナータイム(18:00~21:00)と言われています。

先程解説したように、朝の時間帯は、注文件数がすごく多い訳ではありませんが、注文を受ける配達員が少ないから、注文を受けやすいのが特徴ですが、時間帯の次に重要なのが、出来る限り注文の多いエリアで配達する事です。

特に、朝から営業しているお店は、限りがあるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝から稼ぐコツとしては、「朝から空いているお店」「朝から注文の多いお店」を把握し、その近くで待機することがポイントです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)の通常営業時間は「9:00~24:00」で、東京・大阪の一部エリアのみ「8:00~25:00」となっています。

朝から空いているお店・朝から注文の多いお店を調べる方法

朝から空いているお店・朝から注文の多いお店を調べるには、「Uber Eats加盟店マップ」というサイトが便利でおすすめです。

地図上からUber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店が検索できるようになっています。

特に、画面右上の時計マークのアイコンを押すと、「時間帯検索」ができ、お店ごとの注文受付時間ごとに検索することができます。

達人くん
朝から営業している人気店の代表例は、マクドナルドやケンタッキーなどのファストフード店です。

配達拠点を少し移動してみるのもアリ!

もし、普段稼働しているエリアでは、朝食の時間帯に空いているお店が少ない場合は、マップでお店が集中している近くのエリアを検索して、朝だけ普段と異なるエリアで配達するのも一つの手です!

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、登録時に拠点を登録しますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアであれば、県をまたいだ移動先で配達しても問題ありません!

ココに注意

設定したエリア以外で配達することはできますが、エリア外の配達はインセンティブが適用されないことには注意が必要です。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝型生活は、稼げる以外にもイイこと尽くし!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で朝型生活は、稼げる以外にもイイこと尽くし!

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、一般的な会社員やアルバイトとは違い、出勤時間も、シフトも何も決まっていない、好きな時間に働ける「自由な働き方」ができることが特徴です。

しかし、一歩間違えると、だらだらとメリハリのない生活を送ってしまう可能性もあります。夜更かしして、朝方寝て、昼や夕方から動き出す…こんな経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

本業の隙間時間にお小遣い稼ぎ程度に副業として働く方は、特に問題ありませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)を専業にしたいと考えている方は、特に注意が必要です。

そこで、メリハリのある、有意義で健康的な生活を送るためにも、「朝型生活」がおすすめです!

「稼ぎやすい」以外にも、朝から稼働するメリットはたくさんあります。

※ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)ならでは特徴・メリットとは、直接関係ないので、サラッと書いておきます。笑

朝日を浴びて体内時計をリセット!体調・コンディションが整えやすい

人間の身体は、朝日を浴びることで、体内時計がリセットさせ、健康的なリズムで生活できるようになります。

健康な体があってこそ長い時間集中して働くことができ、稼ぐことができます。

多少夜更かしをしてしまったとしても、朝しっかりを起きて、朝日を浴びて活動することで、お金を稼げながらも、健康的な体を作っていくことができます!

また、体内時計がリセットされると、14~16時間後に自然と眠くなる睡眠サイクルがスタートし、規則正しい生活が送れ、睡眠の質も向上します!

 

まとめ:【結論:Uber Eats(ウーバーイーツ)は朝稼げる】朝から稼ぐコツを紹介!

規則正しく、朝から起きて、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達すれば、仕事面でも、健康面でもメリットが大きいことを、分かって頂けたかと思います。

朝しか働かない!のであれば、ピーク時に稼働できなかったり、配達回数を積み重ねるペースが遅くなってしまうかもしれませんが、「朝から」働き出すことに、デメリットを基本的にありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のようなフードデリバリーの仕事は、人がやりたがらない時ほど、たくさん稼げるチャンスが眠っています。

朝から働きたくない・・・雨の中配達したくない・・・週末くらいはゆっくりしたい・・・

そんなときに、少し歯を食いしばって、アプリを起動して街にくりだすことができれば、きっとそれ相応のリターンが「お金」の形となって返ってくるはずです!

是非、「外に出るのが嫌だ」と感じたときこそが稼ぎ時!だと思って、健康的で効率の良い、配達パートナーライフを送ってください!

-Uber Eats

© 2021 ウーバーイーツのバイト給料