Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)埼玉は稼げる?時給や給料は?エリアの特徴や仕組みを理解し埼玉の配達パートナーで稼ぐ!

 

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は新しいタイプの宅配サービスであり、注文者であるユーザーや宅配を委託する飲食店はもちろん、現在では働き先ともして注目されています。

ここでは、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーを埼玉で行った場合の稼ぐポイントを、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))報酬の仕組みや特徴、埼玉の宅配事情などから検証していきます。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の特徴

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で配達パートナーとして働く際は、Uber Eatsならではの特徴をしっかりと理解することが大事です。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の特徴は、「個人事業主」と「完全出来高制」の2つが大きなポイントと言えます。

配達パートナーは個人事業主

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で配達パートナーとして働く場合、一般のパートタイマーやアルバイトとは異なり、個人事業主としてUber Eatsから仕事を受けます。

そのため、一般的な雇用契約は発生せず、個人事業主として、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))から仕事を受け、自分の裁量で仕事を行うことになります。

時間で管理されず、仕事の成果に応じて報酬を得ることができるため、例え高い目標金額であっても、達成できる可能性は大いにあると言えるでしょう。

固定給とは違い、裁量次第で高額報酬を得る可能性があるため、何かと夢のある仕事のようにも思えますが、個人事業主で、また完全出来高制で働く場合は、以下のようなポイントや注意点があります。

個人事業主と働く場合のポイントや注意点
  • 報酬は裁量によって変動する
  • 経費などの計算も必要
  • 仕事量に報酬が左右されるため最低賃金以下になる場合もある

個人事業主で、また完全出来高制で働く場合は、これらのことを念頭に置いておくことが重要です。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーは、配達方法として「自転車」「原付(125cc以下)」これらどちらかの方法で配達をするのですが、それにかかる経費は報酬でやりくりする必要があります。

例えば、原付の場合であれば配達に必要となる燃料を経費として計算する必要がありますし、自転車の場合でも貸し出しであればレンタル料が経費として計算されます。

また、報酬も完全出来高制なので、仕事量が減る、つまり配達件数が極端に少ないと、最低賃金を下回ることも十分考えられます。

ですので、個人事業主・完全出来高制で働く場合は、必要経費などを考え目標となる報酬金額をしっかりと設定し、それを可能にするためにも、計画性を持って仕事をすることが大事だと言えるでしょう。

報酬は完全出来高制

上記にあったようにUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での報酬は完全出来高制になり、配達1件に対しての単価が報酬として発生します。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で稼ぐためには、報酬の仕組みをしっかりと理解することが大事になるので、まずは以下にある各項目の解説をしっかりと理解しましょう。

報酬は3つの項目で構成

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で報酬は「基本報酬」「インセンティブ」「サービス手数料」これら3つの項目によって構成されていて、「基本報酬+インセンティブ-サービス手数料」この算出方法で最終的な報酬が決定します。

これら3つの項目は、それぞれにさまざまな要素があり、その要素によっても金額が変動します。

基本報酬は3つの要素がポイント

基本報酬は「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」これら3つの要素で構成されている報酬項目のひとつで、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で得る報酬の肝とも言える項目でもあります。

受け取り料金 飲食店から料理を受け取る際に発生する料金で、エリアによって単価が変動します。
受け渡し料金 注文者に料理を受け渡した際に発生する料金で、エリアによって単価が変動します。
距離料金 配達した距離に応じて発生する料金で、1km単位で計算されます。

このように3つの要素にはそれぞれ特徴があり、エリアや配達距離に応じて金額が変動します。

以下は、201912月に公表された、Uber Eats配達パートナーの基本報酬の内訳です。

エリア 都道府県 受け取り料金 受け渡し料金 距離料金(1km)
関東 東京 265 125 60
埼玉 265 125 60
千葉 265 125 60
神奈川 250 120 60
中部 愛知 215 105 60
近畿 大阪 215 105 60
京都 215 105 60
兵庫 215 105 60
九州 福岡 215 105 60

表のようにエリアによって基本となる報酬が大きく異なることが分かります。

「受け取り料金」「受け渡し料金」はエリアによって、「距離料金」は配達距離に応じて、それぞれ金額が変動するのがそれぞれのポイントと言えるでしょう。

埼玉の場合、表でもあるように単価そのものは東京と同額で、これは日本国内において最も高い単価であると言えます。

ですが、単価が高いからといって東京のように稼げるとは限らず、エリアによって宅配事情はそれぞれなので、ユーザー層や立地条件など、エリアや地域に応じて差があると考えることができます。

また、ちなみにですが、実際に私や、私以外のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの1ヶ月仕事をした実績を知りたい方は、下記ページをみてみてください。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

追加報酬のインセンティブは大きく分けて2種類

報酬の基本となるのは上記で解説した基本報酬ですが、そこにプラスアルファーで追加される報酬があり、これをインセンティブと呼びます。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))でのインセンティブも、他の業種と同様に仕事に対しての成果で追加されますが、Uber Eatsのインセンティブは大きく分けて2種類に分類できます。

ブースト 時間帯や天候、曜日や人などさまざまな要素によって変動する数値で、算出された数値を基本報酬に掛け算することによって、追加報酬として支払われます。
特別キャンペーン 季節やイベントなどに応じて不定期で実施される追加報酬で、特にこれといった規定がある報酬ではなく、エリアによって内容が異なる場合もあります。

このようにインセンティブには「ブースト」と「特別キャンペーン」の2種類があり、特徴は表にあるようにそれぞれ異なります。

例えばブーストの場合、雨の日の配達で1.2の数値がブーストとして発生した場合、埼玉の基本報酬(1kmの配達)450円になるので、ここに1.2を掛け算します。

すると報酬は合計で540円となり、この場合90円がインセンティブで発生した追加報酬ということになります。

また、特別キャンペーンにおいても、普段であれば不定期実施ですが、例えば「1日で○○回配達を達成した」など、クエスト要素のあるキャンペーンは随時実施されているケースが多いです。

手数料を差し引いて最終的な報酬金額が決定

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))から最終的に支払われる報酬は、手数料を差し引いた金額が最終的に手元に入る金額です。

以下の表は埼玉で1kmの配達を行った際の、報酬の算出方法の例になります。

埼玉・配達距離1km・ブースト1.2の場合
基本報酬 450

ブースト 1.2(90)

サービス手数料 10(45)

計算式 450円×1.2-(450×0.1)=495

最終的な報酬金額 495

このような計算方法で報酬が算出されます。

例えばここに特別キャンペーンが追加されればさらに単価がアップしますし、常にブーストを1.1以上キープすれば、サービス手数料をそのまま相殺することもできます。

 

埼玉の宅配事情は? 

上記でもあったように、そのエリアとそうでないエリアの単価が同じ場合でも、エリアによって宅配事情が異なり、その事情によって稼ぎ方が異なります。

ここからは、埼玉エリアの宅配事情について見ていきます。

人口や企業数で需要を予想

人口数や企業などでそのエリアの宅配需要をある程度想定することが可能です。

以下は埼玉県の基本情報です。

  • 推定人口 7,338,536
  • 隣接エリア 東京・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野
  • 備考 事業所数は全国で5

人口は埼玉県全体でおよそ7,338,536人とされており、内さいたま市の総人口が1,309,768人とされており、全国的にも人口の多いエリアと言えます。

事業所数も全国で5位とこちらも非常に多く、このことからも、企業向け、一般家庭向けどちらも宅配需要は比較的高い方だと言えるでしょう。

注目したいのは隣接エリアで、埼玉の周りは東京をはじめとしたエリアが計7つあり、このことも宅配需要を計る上で大きな情報と言えます。

例えば、同じ埼玉エリアであっても東京寄りと群馬寄りでは、人口、企業数、地域層も異なるため、宅配業務においてはそれぞれに合った対策が必要と言えるでしょう。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))埼玉で稼ぐポイント

それでは最後に、これまでの情報を踏まえて、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))埼玉で稼ぐポイントをいくつか解説します。

目標を設定する

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))に限らず、完全出来高制で働く場合は、目標金額を設定するのが大事だと言えます。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の場合は、配達1件に対して報酬が発生するので、時間当たり配達件数が基本的な算出方法になると思います。

次に具体的な金額の設定ですが、この場合は埼玉での仕事になるので、「埼玉県の平均時給」「全国の平均時給」これらの2つの金額が目標金額の目安になると言えるでしょう。

埼玉県の平均時給は1049円、全国の平均時給は1051円とされているので、この2つの金額を目安に金額設定を行うのが分かりやすいです。

他のエリアであれば、そのエリアの平均時給と全国の平均時給が離れていることがあるため、間の金額を目安にするのがバランス的ですが、埼玉の場合は全国平均よりも少しだけ下なので、この場合が全国平均の1051円を目安にすればいいでしょう。

この1051円を目安に考えた場合、埼玉で1kmの配達を1件行った場合の基本報酬が450円なので、これを1時間で3件行えば時給換算で「1350円」ということになります。

そこからサービス手数料を引かれたとしても差額で1215円になるので、全国平均を大きく上回る計算です。

ですが、これはあくまでも数字上の金額なので、そこに立地条件や経費などの不確定要素も頭に入れておくことが大事です。

立地条件が悪い、配達方法に問題がある、需要が低いなどのネガティブな要素が加われば、いくら単価が高くても、平均時給を下回ることも十分に考えられるので、目標金額を設定する場合は、余裕をもって金額設定を行いましょう。

目標を達成するための配達の効率化

目標金額を設定することはとても大事ですが、それを達成するための方法を確立することも同じくらい大事なことです。

宅配業務に限らず、配達業では、配達を効率化させることが非常に重要です。

簡単に言うと「これまで1時間の配達で3件しかこなせなかったが4件に増えた」などは、配達の効率化に成功した例と言えます。

配達の効率化はただ単にスピードを上げればいいと言うわけではなく、同じ配達スピードでも少し工夫するだけで大きく変化することもあります。

例えば主婦の方の場合であれば、午前から夕方までで時間が作りやすいので企業が多いエリアを、学生さんの場合は午後から夜間までで時間が作りやすいので住宅街が多いエリアをなど、立場やスタイルに応じてエリアを選ぶことも効率化を目指す方法と言えます。

配達の効率化を目指す際は、「そのエリアの特徴」「需要が高い時間帯」「配達ルート」「交通量」など、これらのことを踏まえた上で、しっかりと分析することが大事だと言えるでしょう。

 

まとめ

ここまで、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))埼玉エリアの特徴や報酬の仕組みなどから、配達パートナーが稼げるかどうかの検証を行いました。

埼玉は人口・企業数が全国的に見ても多いエリアなので、それに伴い宅配需要も高い印象です。

ですが、需要が高い分ライバルが多いとも考えることができるので、稼ぐためにはやはりそのエリアの特徴を分析することが大事です。

実際に配達パートナーを始めたい方は、間違えやすいのですが、Uber.comのweb登録後にパートナーセンター で本登録をしましょう。

web登録をしたらガイダンスに従いましょう。

 

Uber Eats公式ページ

 

また、1ヶ月Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで仕事をした実績を知りたい方は下記に詳しく書いているのでみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料