Uber Eats Uber Eatsエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)愛媛・松山エリアの検証!時給換算や給料は?配達パートナーはどうしたら稼げる?

 

 

新しいタイプの宅配サービスとして、2016年から日本でもサービスが開始されたUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は、東京から中心に徐々にエリアを拡大し、20203月からは、愛媛県松山市もサービスの対象になりました。

ここでは、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の報酬の仕組みやエリアの特徴などから、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーの愛媛・松山エリアの稼ぎ方を検証していきます。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーってどんな仕事?

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))とは、アメリカ発祥の「飲食店の料理を宅配する」フードデリバリーサービスであり、2016年から東京を中心に日本でもサービスが開始されました。

配達パートナーとは、一般的に言うところの「配達員」のことを意味し、飲食店と注文者を繋ぐ役割を担います。

宅配形態の特徴としては、自転車、原付(125cc以下)これらどちらかの方法で料理を宅配し、飲食店で作られた料理を、素早くご家庭や会社などに届けてくれます。 

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の特徴を知る

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の大きな特徴には、「個人事業主としての契約」「完全出来高制による報酬」これら2点のポイントがベースとしてあります。

これら2点のベースとなるポイントをしっかりと理解することが、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーとして稼ぐための基本になると言えるでしょう。

個人事業主としての契約

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での仕事は、一般的なアルバイトやパートタイマーのように「雇用契約」の元で仕事をするのではく、「個人事業主」としてUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))と契約を交わして仕事を受けることになります。

報酬は配達ひとつひとつに対して支払われるため、自分の仕事の裁量次第で報酬の高低が決まります。

ある意味「やればやるだけ報酬が上がる」ということなのですが、一般的なアルバイトやパートタイマーに比べ、ひとつひとつの仕事に対しての責任が重くなるため、個人事業主ならではのリスクや注意点に注目しながら働くことが大事と言えるでしょう。

個人事業主のリスクや注意点
  • 配達に必要な経費などの計算も必要
  • 最低賃金以下になる場合もある
  • 物損や事故等に関するルールの確認

上記でもあったようにUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での配達方法には自転車と原付どちらかの方法で配達を行います。

なので、例えば原付で必要となる「ガソリン代」や、レンタルで自転車を貸し出した場合の「レンタル料」なども経費として計算する必要があります。

また、仕事量によって報酬が左右されるということは、「高くなることもあれば低くなることもある」ということになるので、仕事量が減ってしまうと、高額報酬どころか最低賃金以下になるリスクもあります。

事故や物損等のルールも、一般的な雇用契約とは異なるため、ルールに関しての確認を徹底する必要もあります。

このように、一般的な従業員と比べ、責任が重くなる形態ですが、その分自分の裁量によって報酬の高低が決まるため、やりがいのある仕事であることには間違いないと言えるでしょう。

完全出来高制による報酬

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーは、雇用契約の元ではなく、個人事業主としてUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))から仕事を受けて配達を行います。

そのため、アルバイトのように時給や日給といった「固定給」による報酬では、配達ひとつひとつに対しての単価によって報酬が算出されます。

そのため、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーとして稼ぐためには、報酬の仕組みをしっかりと理解することが大事と言えます。

報酬は3つの項目の合計

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で報酬は、「基本報酬」「インセンティブ」「サービス手数料」これら3つの項目を合計した金額が最終的に支払われる報酬となります。

これら3つの項目にはそれぞれ特徴があるため、項目ひとつひとつの特徴をまずはしっかりと理解していきましょう。

基本報酬について

基本報酬は「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」の合計金額で算出され、この基本報酬が報酬全体のベースとも言えます。

受け取り料金 飲食店から料理を受け取る際に発生する料金です。
受け渡し料金 注文者に料理を受け渡した際に発生する料金です。
距離料金 配達した距離に応じて発生する料金です。

3つの項目はそれぞれ単価も異なれば、金額も変動し、「受け取り料金」「受け渡し料金」はエリア、「距離料金」は配達した距離により、それぞれ金額が変動します。

以下は、201912月に公表された、Uber Eats配達パートナーの基本報酬の内訳です。

エリア 都道府県 受け取り料金 受け渡し料金 距離料金(1km)
関東 東京 265 125 60
埼玉 265 125 60
千葉 265 125 60
神奈川 250 120 60
中部 愛知 215 105 60
近畿 大阪 215 105 60
京都 215 105 60
兵庫 215 105 60
九州 福岡 215 105 60

ここでの表は201912月に公表されたものなので、20203月からサービスが開始した愛媛・松山エリアの詳細はまだわかりませんが、金額の目安にはなると思うので参考にしてください。

表にもあるように、「受け取り料金」「受け渡し料金」はエリアによって金額が異なり、「距離料金」も金額自体は一律ですが、距離に応じて変動することがわかります。

愛媛・松山エリアの詳細はまだわかりませんが、愛媛県の平均時給が875円で全国平均が1051円とされているので、こちらを目安にして報酬の目標金額の設定や、稼げるか稼げないかの判断材料などにしましょう。

インセンティブについて

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))ではインセンティブという名分で追加報酬が支払われることがあります。

インセンティブには、大きく分けて2つの種類があり、これらにはそれぞれ特徴があります。

ブースト 基本報酬に掛け算する数値のことで、ブーストの数値はさまざまな要素によって変動します。
特別キャンペーン 季節やイベントなどに応じて不定期で実施される追加報酬です。エリアによって特徴が異なるため、時に決まった規定はありませんが、クエスト要素のあるキャンペーンもあったりします。

ブーストは天候や時間帯、曜日や人などによって数値が変動するため、比較的に日常でも発生しやすいインセンティブと言えるでしょう。

一方の特別キャンペーンは、基本不定期実施ですが、表にもあるようにクエスト要素の強いものであれば、エリアによって随時実施されているケースも多いです。

また、エリア拡大時などにも特別キャンペーンが実施されることが多いため、サービスが開始されてまだ間もない愛媛・松山エリアであれば、今後も多くの特別キャンペーンが実施される可能性が高いと言えるでしょう。

サービス手数料について

サービス手数料は一律10%とされているので、例えば東京エリアで1kmの配達を1件行った場合は、450円の基本報酬に対しての10%になるので、この場合サービス手数料は45円と言うことになります。

 

またちなみにですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働して稼いだ金額を下記ページで公開しているので、詳しく知りたい方は見てみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

 

愛媛・松山エリアの特徴は?

愛媛・松山エリアはサービスが開始されてまだ間もないエリアではありますが、エリアの特徴や宅配事情などはある程度知っておくことが大事です。

愛媛県の基本情報

愛媛県の概要
  • 愛媛県の推定人口 1,336,652
  • 松山市の推定人口 508,912
  • 経済 農林水産業、製造業、観光業
  • 愛媛県の平均時給 875
  • 愛媛県の最低賃金 790

愛媛県全体の基本情報としてはこのようになっており、農林水産業、製造業、観光業が盛んなエリアと言えます。

ここで注目したいのは、愛媛県の平均時給と最低賃金で、これは全国的に見た場合かなり低い金額と言えますが、味方によっては稼ぎやすいエリアとも言えます。

例えば、東京の場合、平均時給が1177円とされており、これは全国平均の1051円を大きく上回る数字なので、配達件数や目標報酬を高く設定する必要があります。

ですが、愛媛・松山エリアの場合は元の金額が少ないため、目標金額を低く設定することができ、また東京に比べ人が少ないため、仕事の分配も比較的バランスが良くなると予想できます。

全国的に見て高い金額設定にはし辛いですが、愛媛・松山エリアの中で考えた場合は、十分に高額報酬を得る可能性があると言えるでしょう。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ)) 愛媛・松山エリアの基本情報

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ)) 愛媛・松山エリアの概要
  • サービス提供時間 9:00 24:00
  • 対象地域 松山市中心部西・東エリア、城北、城西、城南各エリアの一部
  • 加盟店舗 ファストフード、居酒屋、レストラン、その他飲食店

加盟店舗数はサービスが開始されまだ間もないため、それほど多くはありませんが、他のエリアの前例を見る限りでは、愛媛・松山エリアにおいても、今後加盟店舗が急速に増加していくことが予想されます。

対象地域も松山市の中心に人口密度が高いエリアであり、企業や会社、一般家庭も多いため、宅配需要にも期待が持てます。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))愛媛・松山エリアで稼ぐポイント

それでは最後に、ここまでで検証したUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の特徴や、愛媛・松山エリアの特徴を踏まえ、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))愛媛・松山エリアで稼ぐポイントをまとめていきます。

地域の需要を分析する

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))に限らず、宅配業務を行う上で、その地域の需要を分析するのは配達件数を増やす上で重要であると言えます。

例えば、愛媛・松山エリアの場合であれば、人口の多いエリアは松山市の中心部、企業が多いエリアも松山市の中心部なので、「人口と企業が多い=ランチ時に需要が高い」と考えることができます。

逆に企業は少ないが住宅街が多い地域の場合は、「一般家庭が多い=夕飯時に需要が高い」と考えることができます。

地域の特徴や人の層をしっかりと踏まえて、宅配スケジュールを立てて業務を行うことが、配達件数を増やす大きなポイントと言えるでしょう。

立地に合った配達方法

その立地ごとに適した配達方法を選択することで、配達効率を上げることができます。

例えば、上記にあるように住宅街が目立つ地域であれば、人の出入りや交通も複雑でないケースが多いため、原付で配達しやすいですし、逆に事業所の多い地域であれば、人の出入りも多く交通が複雑化する傾向があるため小回りの利く自転車が効果的です。

 

まとめ

ここまで、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の報酬の仕組みやエリアの特徴などから、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーの愛媛・松山エリアの稼ぎ方を検証していきました。

愛媛・松山エリアはサービスが開始されてまだ間もないですが、今後さらにエリア拡大が期待されるので、注文者や飲食店などUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を利用する側だけでなく、働く側である配達パートナーとしても注目したいエリアのひとつです。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーとして働く際は、エリアの特徴や需要などを可能な限り分析し、配達の効率化を目指して業務を行いましょう。

 

配達パートナーをこれから始める方は、①Web登録②本登録の手順になります。

 

まずはUber.comからweb登録を進めて、その後に表示されるガイダンスに従いましょう。

 

>>Uber Eats配達パートナー公式ページ

 

またちなみにですが、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーとして稼働して稼いだ金額・時給換算や給料換算を下記ページで公開しているので、詳しく知りたい方は見てみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, Uber Eatsエリア

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料