Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給・報酬・収入は?稼ぐ仕組み・他の配達バイトの給料より稼げる・稼げないかを検証! 

 

 ここでは今話題のUber Eats配達パートナーについて、仕組みや報酬などを分析や、高収入を得るポイントなどを解説していきます。 

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))とは?

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))」とは、現在多くのエリアで注目を集めている新しい「料理宅配サービス」です。 

提携しているさまざまな飲食店の料理を、注文から配達までアプリひとつで簡単に行えることから、現在多くのエリアで注目されている新しいタイプの配送サービスでもあります。 

Uber Eatsを利用することのメリット

Uber Eatsは利用することによって注文者と飲食店の両方に大きなメリットがあります。 

Uber Eatsの利用は双方にとってメリットが大きく、注文者は「注文から宅配まで簡単に行える」、飲食店は「料理を作るだけで配達をしてくれるなどそれぞれのメリットが考えられます。 

飲食店にとっては、普段なら対応できない配達サービスでも、宅配のノウハウを持ったUber Eatsに依頼することで、来店以外の新規顧客を低リスクで増やすことに繋がります。 

また、注文者にとっては忙しい時などにUber Eatsを利用することで「食材の買い出しと料理の手間」を省くことができます。 

配達パートナーとしてのメリット

Uber Eatsでは配達スタッフのことを「Uber Eats配達パートナー」と呼びます。 

これは、Uber Eatsと配達スタッフの関係が「対個人事業者」であり、Uber Eatsと個人が業務提携を結んでいることからUber Eats配達パートナー」と呼んでいます。 

この仕組みを考えた場合、配達パートナーとして以下のようなことがメリットとして考えられます。 

  • 自分のライフスタイルに応じて仕事ができる 
  • 裁量次第で多くの報酬が得られる 

この2点が特に大きなメリットであると言え、時間や日数で管理されない分、ライフスタイルに応じた仕事量で稼ぐことができ、必要であれば稼働時間を増やすことでより多くの報酬を得ることも可能です。 

Uber Eats配達パートナーの大きなメリットは、これらによる「働きやすい環境」にあることと言えるでしょう。 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ

 

Uber Eatsでの報酬

Uber Eatsで配達する際は、一般的なアルバイトやパートなどの従業員として雇用契約を結ぶのではなく、あくまでも個人事業主として働くことになります。 

そのため報酬は、時給や日給などの給料制ではなく、配達に対しての報酬がUber Eats配達パートナーの収入源となります。 

報酬について

Uber Eatsでの報酬は「基本料金×ブースト+キャンペーン‐サービス手数料=報酬」で算出されており、各項目をしっかりと理解することが、報酬をより多く得れる方法とも言えます。 

基本給

Uber Eatsは、3つの項目を合計した金額が基本給となります。 

「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」この3つの合計金額がUber Eatsの基本給となり、各項目の金額はエリアなどによって異なります。 

受け取り料金  飲食店から料理を受け取った際に発生する料金で、エリアによって金額は異なります。(130円~265円程) 
受け渡し料金  料理を注文した利用者に料理を受け渡した際に発生する料金で、こちらもエリアによって金額が異なります。(60円~70円程) 
距離料金  配達距離に関して発生する料金で、距離が長いほど料金は増えますが、1km当たりの料金はエリアによって異なります。(1km当たり45円~125円程) 

これらの合計金額が1配達当たりの基本給となります。 

各項目は東京都が一番高い金額ですが、例えば東京都で2kmの配達をした際は以下の算出が適用されます。 

受け取り料金=265円 受け渡し料金=60円 距離料金=250円(125円×2km 

265+60+250円=575円(基本給) 

こちらが東京都で1配達した際の基本給となります。 

各項目のエリア別金額の目安は以下のようになっています。 

エリア  受け取り料金  受け渡し料金  距離料金1km 
関東  265  125  60 
神奈川  250  120  60 
西日本  215  105  60 

関東は東京・埼玉・千葉、神奈川は横浜・川崎、西日本は大阪・京都・神戸・福岡、これらを目安にした金額です 

これはあくまで金額の目安であり、細かい金額の詳細は各都道府県やエリアによって異なります 

ブースト

ブーストとは基本給に掛け算する数値のことで、時間帯や曜日、人やエリアなどのさまざまな要素で数値が変動します。 

つまりブーストの数値が上がれば上がるほど、最終的に貰える報酬が高くなるという仕組みです。 

ブーストの特徴については以下のようなことが記載されています。 

  • 定期的な見直しあり 
  • 祝日と平日は異なる場合がある 
  • ブースト倍率は人によって異なる場合がある 

これらを踏まえ算出されたブーストによって報酬が変化します。 

例えば、基本給が500円でブーストが1.1倍の場合、500円×1.1550になるので、基本給50追加されると言うことになります。 

特別キャンペーン

上記で紹介したブーストに加え、イベント時など特別な時に実施されるキャンペーンであり、こちらは不定期で実施されているようです。 

キャンペーンにはクエストも用意されており、例えば「配達を○○回達成すれば□□□円」などの特別な報酬も存在します。 

サービス手数料

基本給にかかる手数料のことで、上記の「基本給×ブースト+特別キャンペーン-サービス手数料」が最終的に貰える報酬になります。 

サービス手数料は基本給に対しての10%が金額となるので、基本給が500円でブーストが1.1倍の場合は、合計金額の550円にかかるのではなく、この場合、基本給の500円に対しての10%となるので、サービス手数料の金額は50円となります。 

 

Uber Eatsでの報酬を時給換算すると?

ここまでで、Uber Eatsでの報酬の仕組みは理解できたと思いますが、配達パートナーとして仕事をする際に、気になるのは報酬を時給換算した際の金額だと思います。 

Uber Eatsでの報酬は完全出来高制になるため、「この金額がおおよその時給だ」とは言い切れず、配達するエリアや時間帯、曜日などによって時給で割り出した際の金額は異なります。 

原付で配達をする場合は、それにかかるガソリン費用も経費として見なければならないので、配達するスタイルによっても時給額は異なると言えます。 

ですので、報酬を時給換算で見たい場合は、1配達当たりの報酬を算出し、1時間で何件配達できるかが大きなポイントと言えます。 

例えば、1配達の金額を500円と考えた場合、1時間で3件配達できれば時給換算で1500円になりますし、やりようによっては4件以上の配達を行い時給換算で2000円以上の報酬を得ることも可能です。 

ガソリン費用を覚悟し、1時間当たりの件数で稼ぎたい場合は、原付を使って件数を伸ばすもよし、費用を節約して自転車を使いブーストなどのインセンティブで単価を上げるもよし、スタイルにあったやりようで報酬を増やすことも可能です。 

 

下記ページにて、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、詳しく知りたい方はみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

 

Uber Eats配達パートナーで高収入を得るポイント

 

ここまでの情報を踏まえて、Uber Eats配達パートナーで高収入を得るポイントをまとめると、以下のようなことがポイントとして考えられます。 

  • 件数を伸ばすか単価を伸ばすか 
  • 配達スタイルをしっかりと持つ 
  • エリアの事前調査を行い効率よく配達する 
  • ブーストやクエストを活用し単価を上げる 

一番のポイントは数をこなすか単価を上げるか、このどちらを自分のスタイルに当てはめるかがまずは大事です。 

単価の高い配達をたくさんこなせるのが一番ですが、ブーストはエリアによって異なることもあり、またどちらも欲張ってしまうと仕事の質が落ちてしまうこともあり、最初の内はリスクも高いです。 

ですので、まずは件数を伸ばして報酬を上げるのか、1配達当たりの単価を上げて報酬を上げるのか、どちらかのスタイルをまずはしっかりと選択しましょう。 

 

まとめ

ここまで、Uber Eats配達パートナーの仕組みや報酬などについて解説しました。 

Uber Eats配達パートナーは、「個人事業主として働く」「報酬は裁量によって変動する」これら2点のことが大きなポイントと言えます。 

Uber Eats配達パートナーとして働くことを検討されている方や、Uber Eats配達パートナーとして働きだして間もない方は、報酬の仕組みや、働くスタイルなどをしっかりと理解し上で、検討や業務を行いましょう。 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料