Uber Eats Uber Eatsエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)神戸の配達は稼げる?時給・収入は?バイトと違って給料はない。

 

 

スマホやウェブから気軽に料理が注文できる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。当初は東京エリアを中心にサービスを提供していましたが、徐々にエリアを拡大していき今では神戸でも使えるようになっています。

 

神戸エリアではどのようなお店で使えるのか、また神戸でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやるとどれぐらいの報酬が得られるのか気になりますよね。

 

そこで今回は「神戸エリア」のUber Eats(ウーバーイーツ)情報を利用者側・配達パートナー側にい分けて解説していきます。

 

神戸でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用してみたい方や配達パートナーとして稼ぎ方などチェックしてみてください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)を神戸エリアで使う

神戸エリアでは2018年7月31日からUber Eats(ウーバーイーツ)のサービス提供が開始されました。

 

サービス開始当初は神戸市内の「中央区」「兵庫区」「灘区」を含む一部地域が対象になっていましたが、現在では「長田区」「須磨区」「東灘区」や「芦屋市」「西宮市」の一部エリアでも注文することができるようになっています。

 

サービスエリア内であればUber Eats(ウーバーイーツ)に加盟しているレストランの料理を気軽に配達してもらえます。

 

神戸エリア内の人気レストランが多数加盟しており、豊富なメニューから好きな料理を選ぶことができます。

 

①神戸エリアで配達可能な人気レストラン

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではさまざまなジャンルのメニューを配達してもらえます。

 

中でも、特に人気なのは以下のカテゴリです。

 

・デザート

・タピオカティー

・ハンバーガー

・韓国料理

・中華料理

・丼もの

・ファーストフード

・定食

・寿司

・日本料理

・ピザ

・焼肉

など

 

代表的な人気レストランは以下のようになっています。

 

・ココシカ ベーグルとデニッシュ専門店

・台湾タンパオ 三宮生田ロード店

・サンマルクカフェ

・洋食ヴォーングスト

・お好み焼き・鉄板料理 せっちゃん

・神戸居留地オリエンタルカレー

・マクドナルド

・バーガーキング

・スターバックス

・定食とくのう

・ほっかほっか亭

・カレーハウスCoCo壱番屋

・家系ラーメン三宮商店

・ヒステリックジャム 神戸元町本店

など

 

多種多様なジャンルのお店の料理を配達で楽しめます。

 

②神戸市がUber Eats(ウーバーイーツ)と連携で消費者・飲食店を支援!

新型コロナウイルスの影響による飲食店の売上減や家庭での家事負担増、収入源などに対応すべく神戸市ではUber Eats(ウーバーイーツ)と連携した支援策を実施してます。

 

2020年4月13日〜5月10日までの間「1,000円以上の注文で100円引」「1,500円以上は200円」などといった金額に応じた4つの割引を設定し、デリバリーサービスの利用促進を図っています。

 

割引費用は神戸市が負担しており、予算は1500万円になると言われています。

 

飲食店が苦境に立たされている中で自治体とUber Eats(ウーバーイーツ)が連携した支援策が注目を集めています。

 

神戸でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く

利用者側の情報の次は配達パートナー側の情報について解説していきます。神戸エリアで配達パートナーをやるとどれぐらい稼げるのか、他の地域と比較するとどのような特徴があるのかなどを詳しく見ていきましょう。

→配達パートナー公式ページはこちら

①神戸の配達パートナーの報酬体系は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーがもらう報酬は以下のような構成になっています。

 

・受け取り料金

・受け渡し料金

・距離料金

・サービス手数料10%

 

1回の配達ごとに「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」の3つが加算され、合計額からサービス手数料の10%が差し引かれた分が報酬となります。

 

その他にも、指定エリアや時間帯などで配達を行うと追加報酬がもらえる「ブースト」といったインセンティブもあります。

 

では、東京エリアと神戸エリアの報酬体系を比較してみましょう。

 

受け取り料金 受け渡し料金 距離料金 サービス手数料
神戸エリア 265円 125円 60円/km 10%
東京エリア 215円 105円 60円/km 10%

 

報酬についてはは「受け取り料金」と「受け渡し料金」の2つが東京よりもやや低くなっています。

 

②面積と人口密度を比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)で重要となるのは配達エリアにおける「面積」と「人口密度」です。

面積が大きく、人口密度が小さいと1回あたりの配達距離が長くなってしまいます。

 

「受け取り/受け渡し」の回数で稼ぐのか、「距離」で稼ぐのかなどが変わってくるので予め知っておきましょう。

 

東京23区の面積と人口密度は以下のようになっています。

 

【東京23区】

面積:619km²

人口密度:15,364人/km²

 

一方、神戸市の配達エリア内の面積と人口密度は下記の通りです。

 

面積 人口密度
須磨区 28.93km2 5,463人/km2
長田区 11.36km2 8,365人/km2
兵庫区 14.68km2 7,306人/km2
中央区 28.97km2 4,917人/km2
灘区 32.66km2 4,194人/km2
東灘区 34.02km2 6,301人/km2

 

神戸市エリアは、東京エリアよりも面積は狭いですが、人口密度が小さいため1回あたりの配達距離が長くなることが予想されます。

 

距離料金を重視して効率的に稼ぐ戦略が効果的かもしれません。

 

神戸のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの口コミや評判

報酬体系などから机上で収入額を計算することもできますが、やはり気になるのは実際にUber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして活躍されている人の口コミでしょう。

 

ここでは神戸エリアで配達パートナーをやっている方の口コミや評判を紹介していきます。

 

どれぐらい稼ぐことができているのかなど、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

報酬などをSNSなどにアップしている方もいくつか見られましたが、配達パートナーとしてのコツを抑えていくと時給換算で1,500円〜2,000円の報酬も可能なようです。(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります」)

 

しかし、日によって報酬額の浮き沈みもありますし、場所によっては配達範囲が狭く距離料金が稼げないケースもあるようです。

 

また、神戸市特有の地理の問題でもあるのですが、海沿いのエリアであればそこまで配達も大変ではないのですが、灘区や須磨区などの海沿いから北に離れたエリアに配達を行うと厳しい登り坂が多くなってきます。

 

自転車で配達を行う場合は、登り坂のことを考えてもスポーツバイクや電動アシスト付き自転車の利用がおすすめです。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして働きたい方はこちら

 

まとめ

神戸エリアでのUber Eats(ウーバーイーツ)情報をまとめていきました。行政と連携した施策を行うなど、この地域では積極的にUber Eats(ウーバーイーツ)を取り入れようとする姿勢が伺えます。

配達パートナーとしてがっつり稼いでいる人も多いようですし、これから副業やお小遣い稼ぎでUber Eats(ウーバーイーツ)を始めようと思っている方にもおすすめです。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式登録ページ

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, Uber Eatsエリア

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料