Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)で女性が配達パートナーをやるときの注意点は?

 

Uber Eatsは時間や場所などに縛られない自由な働き方が魅力のフードデリバリーサービスです。

 

男女問わず活躍することができる仕事ですが、体力仕事でもあるため配達パートナーには男性が多いようです。

 

女性の配達パートナーも少ないながらに活躍しているのですが、女性の場合いくつかの注意点を把握しておかなければなりません。

 

今回はUber Eatsで女性が配達パートナーをやる場合の注意点や対策方法について解説していきます。

 

>>【公式】Uber Eats配達パートナー募集ページ

 

1.Uber Eats女性配達パートナーは危ない?

最近では、新型コロナウイルスの影響もあり、フードデリバリーサービスの需要が高まっています。

その中で配達パトーナーとして働き始める女性の方も増えてきています。

 

 

 

男性が多いと言われる配達パートナーでも、街中で女性が料理の配達をしている姿を目にする機会が増えてきています。

 

しかし、配達パートナーは顔写真を登録し、ユーザー側に見られるといった仕組みをリスクに感じる人も多いようです。

 

もちろん配達パートナーの顔写真をユーザーに見せる自体は、注文者側のリスクを軽減するために役立っています。

 

それでも配達パートナーにとってみれば、ユーザーに顔写真や名前、配達時の位置情報が相手に知られてしまうのは不安ですよね。

 

副収入を得る目的や自由な働き方を求める方がUber Eatsの配達パートナーを始められると思いますが、始める前にリスクについてしっかりと把握して対策をしておかなければなりません。

 

2.女性がUber Eatsの配達パートナーをやる上でのリスク

女性の配達パートナーが遭遇する可能性のあるリスクとしては主に以下のようなものが挙げられます。

 

・ユーザーに顔写真がバレる

・現金払いもするので強盗に遭う危険がある

・配達先が怪しい場所

・体力的に厳しい

・お店の人にナメられやすい可能性がある

 

主にこのようなリスクが考えられます。

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

①ユーザーに顔写真がバレる

Uber Eatsでは、ユーザー側が配達パートナー顔写真や名前を見ることができます。

見ず知らずの人に顔を覚えられ、名前も知られてしまうため不安になってしまいますよね。

 

配達パートナーの顔を見て「この子かわいいな」と思う人もいるでしょう。

 

思うだけならまだ大丈夫ですが、配達とは関係のない話を始めたり、ナンパをされたりするリスクもあります。

 

ユーザー側にしてみれば、顔もわからない人に配達されるのは不安であるため、この仕組み自体はどうしようもできないのですが、配達パートナーをやる方は「顔はバレる」という意識を持っていおかなければいけません。

②現金払いもするので強盗に遭う危険がある

Uber Eatsではキャッシュレス決済だけでなく、現金払いにも対応しています。

 

そのためユーザーから受け取った現金だけでなく、お釣りも配達パートナーが用意しなければなりません。

 

一定額の現金を持つ必要が出てくるため配達中に強盗の被害に遭う可能性が懸念されます。

 

常に現金を持って走っているという意識を持ち、人気のない道を走る際などは注意しましょう。

③配達先が怪しい場所

Uber Eatsでは、配達先を自宅だけでなくそれ以外の自由な場所に設定することができます。

 

しかし、その中で配達先が歓楽街の無料案内所だったり、人気のない公園、ホテル街など怪しい場所に指定されることがあります。

 

ただ、配達するだけであれば問題ありませんが、人がうろつかないような場所に配達して、他人と2人きりの状態になると何が起きるかわかりません。

 

特に夜遅くの時間帯でそういった場所への配達が指定された場合には、仕事を受けない方がいいでしょう。

④体力的に厳しい

Uber Eatsは自転車で配達を行う人が多くいますが、女性だとどうしても体力的に厳しい側面があります。

 

スポーツなどを普段からやっており、体力に自信のある方なら大丈夫だと思いますが、運動不足の方などがいきなりやると貧血や脱水症状を起こしてしまう可能性もあります。

 

1日中配達をした場合、自転車で30km近く走ることになるので、体力的に厳しいという方は電動自転車での配達をおすすめします。

⑤お店の人にナメられやすい可能性がある

女性の配達パートナーをやられている方の体験談で多く見られたのが「お店の人にナメられる」といったものでした。

 

どうしてもお店と配達パートナーの関係では、弱い立場になってしまいますし、女性の場合ナメられやすいのかもしれません。

 

お店の人の態度に不快な思いをする可能性があります。

3.Uber Eats女性配達パートナーが危ない目に遭わないための対策とは?

 

①配達する時間帯を調整する

Uber Eatsの配達時間は基本的に飲食店の営業時間と連動している部分もありますが、基本的にお昼前から夜遅くまで配達ができます。

 

女性の配達パートナーの場合、夜遅くに1人で配達するのは危険なので、配達時間帯を日中に絞るといいでしょう。

 

②配達ルートに人気のない道を選ばない

Uber Eatsで配達をする際に、できるだけ安全なルートを選んで走るようにしてください。

 

人気のない道や薄暗い道など、女性が1人で走るのは控えた方がいい道をできるだけ通らず、人目につきやすい道を選んで走れば比較的安全です。

③配達先などをよく確認する

Uber Eatsはユーザーからの注文に対して、その場で稼働できる配達パートナーをマッチングするというシステムになっています。

 

配達を行う際に注文先などが表示されますが、怪しい場所に指定されていた際は警戒を強めた方がいいでしょう。

 

④現金払いをオフにする

現金を携帯しながら配達をしている際に、強盗の被害に遭うのが心配という人は現金払いをオフにしてください。

 

現金払いをオフにしておけば、お釣りなどを持ち歩く必要はありません。

 

⑤もしものために防犯グッズを携帯する

さまざまな対策が考えられますが、それでもリスクを0にすることはできません。

 

そのため、もしものことが起きた時を想定して防犯グッズを携帯しておくといいでしょう。

小型の催眠スプレーなど、咄嗟の瞬間に自分の身を守れるよう対策してください。

 

4.リスクもあるけどメリットも大きいUber Eatsの配達パートナー

ここまで配達パートナーをやる上でのリスクばかり取り上げてきましたが、ここではメリットについても触れていきます。

 

女性の配達パートナーにとってのメリットとして大きいのは「ダイエット効果がある」という点です。

 

やはり自転車で街中を走り回って配達をするので、かなりの運動量になります。

 

1日中有酸素運動をしているようなものなので、ダイエット効果もかなりあるでしょう。

 

配達を夢中で頑張っている内にスリムなボディが自然と手に入るのはお得ですよね。

 

Uber.comから入力フォームを記入するだけで簡単に始められるので、まだ登録していない人は早めに配達パートナーのweb登録をしておきましょう。

 

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎについて詳しく知りたい方は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、下記ページをみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

5.まとめ

Uber Eatsで女性が配達パートナーをやる際に考えられるリスクについて解説していきました。

女性特有のリスクがいくつかあるので、配達パートナーを始める前に目を通しておいてください。

 

自由で縛られない働き方ができる一方で、あくまで個人事業主なので自分のことは自分で解決しなければなりません。

 

リスクをしっかりと把握して、万全の対策をしてから配達パートナーを始めてみましょう。

 

まずは無料のweb登録をして、それからパートナーセンターで本登録になります。web登録後のガイダンスに従ってください。

 

【人気記事】

Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料