Uber Eats Uber Eatsエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)大阪エリア!ユーザー側と配達パートナー側の情報を詳しく紹介!

 

2016年から日本でサービスが開始されたUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))。

大きな話題を集める中で徐々にサービスエリアを拡大していき、2018年4月26日に大阪でも利用できるようになりました。

 

Uber Eatsの大阪エリアではどの地域で注文ができるのか、配達可能なレストランにはどのようなお店があるのか。

 

また、大阪で配達パートナーを始めてみようと思っている方も多いでしょう。

 

今回はUber Eats大阪エリアのユーザー側・配達パートナー側の情報を詳しくまとめていきます。

1.Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))大阪エリアで利用できる範囲

2018年4月26日に大阪でのUber Eatsが利用開始となりました。当初は大阪市内の一部の区のみが配達エリアとなっていましたが、徐々にエリアを拡大していき、2020年5月時点では大阪市内全域に加え、周辺の市にも配達ができるようになっています。

 

ここでは、まずUber Eats大阪エリアの配達可能エリアや利用可能なレストランといったユーザー側の情報をまとめていきます。

①【大阪エリア】配達可能エリア

2020年5月時点でUber Eats大阪エリアの配達可能地域は下記のようになっています。

 

・大阪市:中央区・北区・西区・浪速区・天王寺区・福島区・都島区・阿倍野区・西成区・大正区・淀川区・東成区・東淀川区・鶴見区・旭区・東住吉区・平野区・西淀川区・此花区・港区・住之江区

・豊中市

・吹田市

・東大阪市

・八尾市

・堺市

・松原市

・藤井寺市

・高石市

 

大阪市内24区全てが配達エリアに入っている上、周辺地域でもかなり広いエリアがサービス範囲内となっています。

 

順調にサービスエリアを拡大しており、大阪エリアでのUber Eatsの需要の高さが伺えます。

②【大阪エリア】人気の利用可能レストラン

Uber Eats大阪エリアで利用できるレストランについて紹介します。

 

このエリアで人気のジャンルは下記の通りです。

 

・タピオカティー

・ファーストフード

・デザート

・韓国料理

・中華料理

・寿司

・丼もの

・ハンバーガー

・ピザ

・定食

・焼肉

 

若者に人気のタピオカティーや手軽に食べられるファーストフードが人気のようです。

 

代表的な人気のレストランには以下のようなお店があります。

 

・サラダ サンドイッチ ベジステーション

・むすび

・クリスピーピザ ジーロイタリア

・心斎橋 よね鮨

・きよみず製麺所

・ファーストフード(マクドナルド、フレッシュネスバーガー、モスバーガー、ケンタッキー)

・博多もつ鍋大山 心斎橋店

・カラダに優しいごはん家 若さ美

・オムライス専門店 卵屋 心斎橋店

・四川飯店

・世界のクレープ ベスト 心斎橋店

・夜の定食屋 ワサビ

・麺屋 龍 心斎橋店

・ナザール トルコ料理レストラン

・バル マルセロ〜たこ焼きと鶏料理のお店

 

幅広いジャンルのレストランがUber Eatsに加盟しています。

 

その他のお店については下記のURLから確認してみてください。

 

③【Uber Eatsは対象外】大阪府が実施するデリバリー補助施策について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出自粛が余儀なくされる中、大阪府は自炊すう回数が増えたことによる家事負担を支援するためフードデリバリーサービスの利用に対する補助施策を実施しています。

 

しかし、この支援策に該当するフードデリバリーサービスは「dデリバリー」「出前館」「LINEデリマ」の3社のみでUber Eatsは対象外となっています。

 

お得にUber Eatsが利用できるチャンスかと期待していた人も多かったと思いますが、今回の支援策では使えないようです。

 

2.大阪エリアでUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の配達パートナーを始める!

Uber Eats大阪エリアの配達パートナー情報を詳しくまとめていきます。

大阪で配達パートナーを始めようと思っている方はぜひチェックしてみてください。

 

「報酬体系はどのようになっているか」「本登録はどこで行うのか」「東京都の地理的な差」など配達にまつわる情報を幅広く紹介します。

①大阪エリアの報酬はどれぐらい?

Uber Eatsでは1回の配達に対して下記の報酬がもらえます。

 

・受け取り料金

・受け渡し料金

・距離料金

・サービス手数料10%

 

「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」の合計からサービス手数料10%が差し引かれた金額が1回当たりの報酬となります。

 

その他にも配達回数や配達時間帯によって得られるインセンティブ制度も用意されています。

 

これらを効率的に活用して稼いでみてください。

 

また、1回あたりの配達でもらえる報酬金額は地域によって異なります。

例えば、東京と大阪では下記のような違いがあります。

 

受け取り料金 受け渡し料金 距離料金 サービス手数料
東京エリア 265円 125円 60円/km 10%
大阪エリア 215円 105円 60円/km 10%

 

距離料金は同額ですが、受け取り/受け渡し料金については東京よりも安く設定されています。

 

②本登録を行うパートナーセンターについて

Uber Eatsの配達パートナーになるためには下記の手続きを行います。

 

①WEB上でアカウント登録

②必要書類のアップロード→審査

③パートナーセンターでの本登録

 

これらの手続きを終えたら配達パートナーとして活動できます。

本登録を行うパートナセンターは配達エリアによって異なります。

 

大阪エリアであれば下記の場所に行ってください。

 

【パートナーセンター大阪】

住所:大阪市中央区伏見町4丁目2-14 WAKITA藤村御堂筋ビル1F

最寄駅:淀屋橋

営業日:月・火・水・木・金・土・日

営業時間:12:00~19:00

③【大阪市】と【東京23区】面積や人口密度を比較

大阪エリアの地理的な特徴を東京と比較していきます。

 

参考として大阪市と東京23区の面積と人口密度を見ていきましょう。

【東京23区】

面積:619km²

人口密度:15,364人/km²

 

【大阪市】

面積:225.21km2

人口密度:12,183人/km2

 

東京23区ほどの人口密度はありませんが、大阪市も大都市の水準になっています。面積も小さいので短い距離の配達を繰り返して、配達回数を稼ぐことも期待できるでしょう。

 

3.大阪エリアの配達パートナーの口コミを集めてみました!

大阪エリアで配達パートナーをやっている方の口コミを紹介していきます。

実際に配達パートナーとして活躍されている方の声を聞いて、始める際のイメージ作りに役立ててみてください。

 

 

 

 


配達パートナーをやっている方からさまざまな声が見られます。

稼いだ金額を投稿している人もおり、口コミで見られる中では時給換算で700〜900円といったところでした。((※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

 

時期や時間帯、配達エリアによっても配達回数が上下するので、上手く稼げる時間帯などを見極めるのも重要なようです。

4.まとめ

Uber Eats大阪エリアのユーザー側・配達パートナー側の情報をまとめていきました。

 

この時期から配達パートナーを始められた方もおり、慣れないうちは戸惑いもあったようですが、すぐに慣れている様子が確認できました。

 

配達パートナーを始める際は口コミをしっかりと確認して、効率よく稼ぐための戦略を練ってみるといいかもしれません。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを実際にやった時給換算・給料換算を公開

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, Uber Eatsエリア

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料