Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みとは?配達になるメリットとなるまでの手順を解説!

 

 

今多くの地域で注目度が高く新しい食事配達システムサービスのUber Eats。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))を利用することで、提携している飲食店からアプリ1つで注文から配達までを行うことができる便利なシステムとなっています。

 

この記事では、

・Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の仕組み

・Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))が使えるエリア

・Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーになるメリット

・Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーになるまでの手順

 

について配達パートナーの視点から詳しく徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の仕組みとは?

注文者はUber Eats(ウーバーイーツ)専用のアプリに登録してある飲食店に注文をします。

 

それと連携して飲食店に連絡がいき、商品が出来上がると同時に配達パートナーが受け取り注文をした注文者の元へと配達をする仕組みです。

 

商品の受け取り時には商品代金と配達パートナーの配送料をお支払いして完了します。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))が使えるエリアは?

日本国内では東京をはじめとして使えるエリアは下記の通りです。

 

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)は「東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡、広島・愛媛・岡山・石川・富山」で利用することができます。

 

旅行先や仕事の都合でこれらのエリアに移動する場合にはUber Eats(ウーバーイーツ)の利用を検討してみるのも良いかもしれません。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))配達パートナーになる2つのメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは雇用契約ではなく個人事業主として働くことになります。

 

時給性や日給という計算方法ではなく1件毎の配達に対しての報酬が配達パートナーとしての収入源です。

メリット1:好きな時間に配達可能

 

配達を開始する際に専用のアプリにログインすることで注文を受けることができます。

配達をしたい仕事があれば受注を行いお店に向かいます。

 

お店に着いたら商品代金を支払い、注文をした注文者の元へと向かい商品と引き換えに商品代金と配送料を頂くことで1件の配達が完了します。

 

配達をしたい時だけログインする仕組みなので、好きな時に好きな時間だけ配達をすることができます。

メリット2:意外と稼げる

 

道を歩いていると多くのUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが自転車やバイクで走る姿をよく見かけます。「それだけ多くの人がいるけど本当に稼げるの?」と思っている人も多いはず。

 

配達パートナーはどれだけの金額を稼ぐことができるのかをこれからご紹介していきます。

 

報酬の計算方法は「基本料金×ブースト+キャンペーン-サービス手数料=報酬」です。

 

まず、基本料金は飲食店から受け取る際に発生する料金(130円~265円)が発生します。

 

さらに注文者に商品を受け渡すことで60~70円の料金が発生します。

※受け取り料金と受け渡し料金は地域によって異なります。

 

最後にお店から配達先までの距離によって距離料金(1km当たり45~125円)が掛かります。

これらの合計金額がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの基本料金です。

 

ブーストは配達を行う時間帯や曜日、エリアなどの要素によって変化してきます。

仮に基本給500円でブーストが1.2倍なら基本給に100円加算されることになります。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに向けた期間限定の不定期イベントが発生します。

「〇〇を達成することでボーナス発生」などの特別報酬があります。

 

これらの合計金額からサービス手数料10%を差し引いた金額が最終的に貰える金額となります。

 

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎ・報酬について詳しく知りたい方は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、下記ページをみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で仕事をするには?

最近では副業としてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く人が増えてきています。

18歳以上で自転車やバイクなどの移動手段があれば誰でも配達パートナーとして働けるので、とても人気のある仕事の一つです。

 

自由な働き方ができるので週末にちょっとしたお小遣いを稼ぎたい人から、仕事が終わって夜間だけ本格的に働くなど様々な働き方ができるのでおすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになるまでの手順

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとなるためにはまずUber Eats(ウーバーイーツ)の登録サイトからアカウントを作成します。

 

リストの中から配達時に使用する車両を選択し、プロフィールなどを記入していきます。

 

※この時に本人確認書類が必要となるので免許証などを手元に置いておくと便利です。

 

書類をアップロードして報酬を受け取る銀行口座の情報を入力して完了です。

これらが終わるとパートナーセンターで登録会を行き配達パートナー専用のバッグを受け取ることで業務が開始できます。

まとめ

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は、現代の新しいデリバリーサービスとしてこれからも多くの人に利用されるサービスです。

 

この記事を通して、Uber Eats(ウーバーイーツ)は注文者だけでなく、配達パートナーにもおすすめということが分かって頂けたかと思います。

 

始めるのはスマホと自転車やバイクがあれば簡単に登録ができるのでこれから副業をしたいと考えている人は検討してみても良いかもしれませんよ!

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料