Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館を比較~どちらが稼げる?それぞれの仕組みや稼ぎ方からUber Eatsと出前館を徹底比較。

現在新しい宅配サービスとして注目を集めているのが「Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))」と「出前館」です。

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)と「出前館」の特徴や仕組み、稼ぎ方などから、Uber Eatsと出前館を比較していくので、どちらにしようか迷っている方は参考にしてみてください。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)・出前館どのようなサービス

まずは、Uber Eatsと出前館がどのようなサービスを提供しているのかを簡単に見ていきましょう。

出前館とは?

出前館は、全国にある約2万店以上の宅配やデリバリーサービスのあるお店の注文ができる、デリバリーの総合サイトです。

お弁当やピザ、中華やお寿司などの飲食店はもちろん、リカーやネットスーパーといった食料品店も利用できることから、多くの方に注目され支持されています。

Uber Eatsとは?

Uber Eatsは飲食店の料理を自宅から注文できる、「料理宅配サービス」のことで、こちらもさまざまな飲食店の料理を気軽に注文できるサービスとして近年注目されています。

もともとは海外でのサービスが主流でしたが、2016年に日本でもサービスが開始され、徐々にではありますがサービスエリアの拡大に伴って、注文者であるユーザーと、宅配する側である配達パートナーが増加傾向にあります。

どちらも新しいタイプの宅配(デリバリー)サービス

出前館・Uber Eatsはどちらも新しいタイプの宅配サービスと言えます。

これまでであれば、ピザやお弁当のように「料理の配達=お店に直接注文」でしたが、これら2つのサービスが世間に導入されたことにより、ご家庭でより幅広い料理を注文で楽しめるようになりました。

注文する側にとってこれらのサービスの定着は大きなメリットがありますが、これは注文する側だけでなく、配達を委託する飲食店側にもあると言えます。

共働き世代が多く、何かと多忙な現代社会において、これら2つのサービスは、まさに現代社会に適応した新しいタイプの宅配サービスと言えるでしょう。

Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

 

出前館とUber Eatsの違い

出前館とUber Eatsは、どちらも宅配をメインにしたサービスではありますが、報酬の仕組みや働き方に違いがあります。

ここからは、出前館とUber Eatsの違いを項目別に見ていきましょう。

働き方

出前館とUber Eatsには、働き方に大きな違いがあります。

「出前館で働く場合はアルバイトスタッフ」「Uber Eatsの仕事をする場合は個人事業主」ここに大きな違いがあります。

出前館 アルバイトやパートタイマーとして出前館と雇用契約を結ぶので、給料は時給として発生します。
Uber Eats 個人事業主(Uber Eats配達パートナー)としてUber Eatsと契約を結ぶので、給料は1配達単位での完全出来高制になります。

 

報酬の仕組み

共に働き方が違うため、当然ながら報酬の仕組みが大きく異なります。

出前館の場合は、雇用契約を結ぶため一般のアルバイトやパートタイマーとして働くので、その時期やエリアに応じた時給によって給料が変動します。

一方のUber Eatsは、1配達に対して個別に報酬が発生し、その集計した金額がその月の収入になるため、時間や日数と言うよりは、「どのくらいの配達をこなしたか」によって報酬が変動します。

Uber Eatsの報酬の仕組み

Uber Eatsでの報酬は「基本料金×ブースト+キャンペーン‐サービス手数料=報酬」で1配達当たりの報酬が算出されています。

基本給・ブースト・キャンペーン・サービス手数料、これらの項目にはそれぞれ特徴があり、各特徴をしっかりと理解することが大きなポイントと言えるでしょう。

基本給 ・受け取り料金 飲食店から料理を受け取った際に発生する料金

・受け渡し料金 注文された料理を受け渡した際に発生する料金

・距離料金 配達距離に関して発生する料金

これら3つの項目で発生した料金を合計した金額が基本給になります。

ブースト 基本給に掛け算する数値のことであり、配達する時間帯や曜日、配達をする人など、さまざまな要因で変動します。
特別キャンペーン イベント時などに発生する特別なインセンティブで、こちらは不定期で実施されています。他にも「配達を○○回達成すれば□□□円」などのクエストなどもあります。
サービス手数料 基本給に対しての手数料で、例えば基本給が500円の場合は、その10%である50円がサービス手数料の金額になります。

基本給の3つの項目はエリアによって金額に差があり、例えば受け取り料金が東京の場合は265円、大阪の場合は215円など、配達エリアによって差が生じます。

201912月でUber Eatsから公表されている料金表は以下になります。

エリア 都道府県 受け取り料金 受け渡し料金 距離料金(1km)
関東 東京 265 125 60
埼玉 265 125 60
千葉 265 125 60
神奈川 250 120 60
中部 愛知 215 105 60
近畿 大阪 215 105 60
京都 215 105 60
兵庫 215 105 60
九州 福岡 215 105 60

この表でもわかるように、エリアによって距離料金以外の項目に金額に差があります。

例えば、1kmの距離の配達を1時間あたり3件行った場合、東京であれば基本給が1時間あたり1350円となりますが、大阪の場合ですと1時間あたりの基本給は1140円となり、時給での差額が210円となります。

このことからも、Uber Eatsで配達パートナーとして働く際は、基本給などの報酬の仕組みをしっかりと理解することが、多くの報酬を得る大きなポイントと言えるでしょう。

 

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎについて詳しく知りたい方は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、下記ページをみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

加盟店の数

出前館とUber Eatsには加盟店の数にも違いがあります。

提携店舗数が多ければ多いほど、その分働ける場所が多いと言うことになりますが、出前館の加盟店数は2019年の時点で約19000店舗、一方のUber Eats2019年の時点で約14000店舗と、出前館とUber Eats5000店舗の差があります。

ですが、Uber Eats2016年に日本でサービスが始まったばかりなので、今後まだまだ加盟店が増えていくことが予想され、現に現在もエリアを拡大中です。

エリア

出前館とUber Eatsどちらも全国に対応した宅配サービスですが、事業の中心となるのは東京をはじめとした関東エリアが主流だと言えます。

Uber Eatsは配達するエリアによって報酬が異なると上記でも紹介しましたが、これは出前館においてもエリアに影響があると言えます。

出前館は時給制のため、ある程度給料が固定化され安定しますが、基本となる時給は勤務する都道府県やエリアの需要に相場が異なるので、その意味では出前館の給料もエリアによって大きく変動すると言えるでしょう。

 

それぞれのメリット・デメリット

ここからは、これまでの情報を踏まえて、出前館とUber Eatsのメリット・デメリットを働く側から見ていきたいと思います。

出前館のメリット・デメリット
メリット ・時給制なので給料が安定する

・雇用契約を結んでいるので環境が安定している

・エリアが広いので働く場所が多い

デメリット ・配達数に応じた報酬でないため給料のふり幅が狭い

・勤務地によっては原付の免許が必要

・シフト制なので時間に拘束される

 

Uber Eatsのメリット・デメリット
メリット ・裁量によってより多くの報酬を得られる

・隙間時間で働ける

・時間や服装など自由なスタイルで働ける

デメリット ・燃料費などの経費が必要

・働き方を間違うと最低賃金以下の場合も

・主要都市15エリアとまだまだ範囲が狭い

出前館とUber Eatsのメリット・デメリットにはこれらのことが考えられます。

メリット・デメリットから見る一番の違いは、出前館とUber Eatsのそれぞれの稼ぎ方にあると言え、安定的に給料を得たいのであれば時給制の出前館を、裁量次第でより多くの報酬を得たいのならUber Eatsと言えるでしょう。

働くエリアでの比較は、出前館は全国対応に対し、Uber Eatsは主要都市15エリアと限定的であるため、働ける人が絞られてきます。

また、勤務スタイルで言えば、出前館は時間によるシフト制に対し、Uber Eatsでは1つの配達依頼に対して仕事が発生したりなど、細かい部分でも違いがあります。

それぞれの特徴や、メリット・デメリットをしっかりと踏まえた上で、自分はどちらの方がしっかりと稼げるのかを分析することが大事になると言えるでしょう。

 

まとめ

ここまで、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)どちらが稼げるのかを、それぞれの特徴や、メリット・デメリットなどを踏まえ分析しました。

ここでの分析を踏まえポイントになるのは、「自分がどのスタイルで働きたいのか」「どの程度の報酬を得たいのか」これらを事前に自己分析することが大事だと言えます。

出前館とUber Eats、それぞれの特徴や、メリット・デメリットをしっかりと理解し、自分のスタイルや希望に応じたところを選びましょう。

 →Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料