未分類

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給は?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを街中で見かけることもとても多くなってきましたね。

 

今回はUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして多くの配達経験のある私が、実際に配達して稼いだ時給間換算について、

 

解説していきます。一つの目安として参考にしていただければ幸いです。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給換算はどのくらい?

 

結論から言うと、得られた収入を時給換算した目安は、「900円~1800円(2500円)」くらいでしょうか。(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますのでご注意ください)。

 

「幅が広すぎて意味ないじゃん」と言うご指摘、ごもっともです。

 

ですが実際のところ、Uber Eatsは配達した距離や、配達した数に応じて、貰える報酬が変わります。つまり、多くの注文が入るタイミングで仕事をしていれば、結果として多くの配達をすることになり、多くの報酬をもらえます。

 

一方で、注文者があまりUber Eatsを使用して注文していないと、配達する数が減るため、貰える報酬が少なくなってしまうのです。

 

このように、配達数と、配達した距離によって報酬が変わるので、一概に時給でいくらとは言えないのが現実です。

 

ただし、料理の注文が多い時間帯というのはそんなに変わりませんよね。ランチの時間やディナーの時間帯に注文者が増えるのはしごく当たり前のことです。そのため、時間帯を絞って働くことで、時給換算すると高い収入、すなわち、効率的な働き方をすることが可能になります。

(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なりますのでご注意ください)。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のバイトとの違いは?

 

さて、Uber Eatsをみて、こう思った方も多いんじゃないでしょうか。「ただの出前じゃん」

 

気持ちは分かりますが、実は配達パートナーをすると分かるのですが、Uber Eatsはすごいテクノロジーを駆使しているのです。

 

「ただの配達バイト」では決してないのです。

 

Uber Eatsは、仲介をしています。レストラン等のお店と、注文者と、そして配達パートナーの3者をマッチングさせているのです。

 

飲食店は注文を受ける電話対応をする必要がなくなり、料理を作ることに集中できますね。注文者は、スマホのメニューで料理を選ぶだけで、注文が完了します。しかも待っている時には配達パートナーの現在地がリアルタイムで分かるようになっています。

 

配達パートナーはUber Eatsのシステムによって通知がなったら、飲食店に料理を受け取りに行き、そして注文者のもとに届けます。

 

アルバイトのような面接もなく、18才以上で配達のできる方なら誰でも簡単に始めることのできる仕事なのです。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー公式登録ページ

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給を上げるためにできることは?

 

まずは慣れること。配達件数をたくさんこなしていくと、だんだんと自然とコツが分かってきます。

 

そのためにまずは怪我をしないように安全に配達をしましょう。

 

その上で細かいテクニックとしては、

 

①遠い配達リクエストは断る

 

②プロモーションがある日に狙ってきちんと配達すること

 

らへんでしょうか。

 

みなさんが配達パートナーとして活躍することを心から願っています。安全第一で。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式配達パートナー登録ページ

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-未分類

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料