Uber Eats 収入・時給

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達パートナーの実情は?女性がUber Eats配達パートナーを行う際の注意点やメリット・デメリットなどを解説!

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))」は、新しいタイプの宅配サービスとして注目されており、それはUber Eatsを利用して注文を行う注文者と、Uber Eatsを利用してサービスを提供する飲食店だけではなく、働く側からも注目されています。

ここでは、女性がUber Eats配達パートナーを行う際の注意点やメリット・デメリットなどを解説していきます。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーとして働く際は、「Uber Eatsの従業員」といった雇用関係ではなく、個人事業主としてUber Eatsと契約をします。

そのため、時給や日給といった固定給ではなく、「1配達=○○○円」といった完全出来高制で報酬を得る仕組みになっています。

Uber Eatsの報酬内訳

Uber Eats配達パートナーの報酬の内訳は、「基本給×ブースト+特別キャンペーン-サービス手数料」で算出された金額が報酬として発生します。

以下からは、報酬に関する各項目を個別で解説していきます。

①基本給

Uber Eats配達パートナーで得る報酬の内訳で一番大きなポイントになるのが基本給です。

基本給は「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」これら3つで発生した料金を合計した金額が、Uber Eats配達パートナーの基本給として算出されます。

  • 受け取り料金 飲食店から料理を受け取った際に発生する料金
  •  受け渡し料金 料理を注文した注文者に料理を受け渡した際に発生する料金
  •  距離料金     配達距離に関して発生する料金(1kmに対して発生)

これら3つの項目にはそれぞれ基本となる料金が設定されており、設定されている料金は配達するエリアによって異なります。

以下はアリア別の料金の目安になります。(201912月での料金表)

エリア 都道府県 受け取り料金 受け渡し料金 距離料金(1km)
関東 東京 265 125 60
埼玉 265 125 60
千葉 265 125 60
神奈川 250 120 60
中部 愛知 215 105 60
近畿 大阪 215 105 60
京都 215 105 60
兵庫 215 105 60
九州 福岡 215 105 60

201912月の時点で、エリア別の料金はこのようになっており、項目に対しての料金は関東エリアが若干優遇されているようです。

例えば東京と福岡を比較した場合、配達距離が1kmなら、東京は1配達に対しての基本給が「450円」、福岡の1配達に対しての基本給が「380円」となり、差額は「70円」ということになります。

これを1時間当たり3配達こなした場合、東京なら「1350円」、福岡なら「1140円」となるので、時間給換算で「210円」という高い差額が生じます。

このことから、Uber Eats配達パートナーの報酬は、配達するエリアによって影響が大きいと言えるでしょう。

→Uber Eats配達パートナーを始めたい方は公式ページがこちら

②ブースト

ブーストとは基本給に掛け算する数値のことで、インセンティブとも呼ばれている項目でもあります。

ブーストは基本給に掛け算するため、つまりはブーストの数字が上がれば上がるほど、より多くの報酬を得ることができると言えます。

ブーストの数値には変化が生じ、だいたい1.02.0の間を0.1単位で変化していきます。

ブーストの数値が変動する要素としては以下のようなことがあるとされています。

l  定期的な見直し

l  曜日による変動

l  人的な変動

これらのことを踏まえた上で、ブーストの数値は変動するとされています。

③特別キャンペーン

こちらもインセンティブの一種で、季節やイベントなどに応じて不定期で実施される追加報酬であり、「配達を規定回数達成する」などといったクエストによる特別な報酬もあります。

④サービス手数料

基本給に対して発生する手数料で、この手数料を差し引いた金額が最終的な報酬となります。

以前は、関東エリアは35%、その他エリアは10%など、エリアによって手数料に違いはありましたが、201912月の改定によって、現在は一律10%がサービス手数料とされています。

サービス手数料はあくまでも基本給に対しての手数料なので、「500(基本給)×1.2(ブースト)600円」の場合は、合計した600円ではなく、基本給である500円に手数料が発生するので、この場合のサービス手数料は500円の10%、つまり50円がサービス手数料の金額になります。

女性の配達にありがたい赤チャリやレンタル自転車

Uber Eatsでは、配達パートナーに対して、車両レンタルプラン(実際はUberの提携先からレンタル)を実施しています。

自転車や原付バイク(125㏄以下)を持ち込んでの配達が困難な場合は、こちらのプランを活用してUber Eats配達パートナーとして働くことができます。

その中でも特に、ドコモが実施するバイクシェア(赤チャリ)の特別料金での利用は、女性配達パートナーにとってありがたいと言えるでしょう。

赤チャリとは?

赤チャリとは、ドコモが実施するレンタルバイクの通称で、赤い電動アシスト付自転車をシェアできるサービスです。

Uber Eats配達パートナーとして働く際は、この赤チャリのサービスを特別プランで利用することができます。

通常の自転車で配達することを考えれば、電動付の方が楽にスピーディに配達をこなすことができるので、女性でも配達がしやすいと言えます。

また、やりようによっては配達効率も良くなるので、長い目でみれば必要経費とも考えることができるでしょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット・デメリット

ここまでで紹介した情報を踏まえて、Uber Eats配達パートナーのメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

メリット

  • 裁量によって得られる報酬が変動
  • 自分のライフスタイルに応じて働ける

一番のメリットは、裁量によって一般のアルバイトやパートよりも多くの報酬を得る可能性が高いことだと言えます。

Uber Eats配達パートナーは、ここまでで紹介したように、あくまでも個人事業主として働くため、時間給や日給などの固定給が報酬ではありません。

なので、報酬の仕組みをしっかりと理解した上で要領よく配達をこなしていけば、時給換算で1時間1000円以上稼ぐことも難しくなく、中には1時間で2000円以上稼ぐ方も少なくありません。(※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

つまり頑張れば頑張るほど、報酬に反映される仕組みになっているので、この仕組みこそがUber Eats配達パートナーの最大の特徴でありメリットとも言えるでしょう。

また、時間や曜日にも縛られることがないため、家庭と仕事を両立させたい主婦の方など、女性が仕事をしやすい環境にあることもメリットと言えます。

>>Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

デメリット

  • エリアによって報酬に差が出る
  • 天候や季節によって働きやすさが異なる

エリアによって報酬に差が出ることがデメリットとして考えられます。

上記の「基本給」でも解説しましたが、エリアによって基本給の金額に差が生じるため、差額分を生めるためには、その分配達回数でカバーする必要があります。

また基本外での仕事がメインとなるため、天候や季節によって働きやすさに影響が生じ、慣れるまで時間が必要になることもデメリットと言えるでしょう。

 

女性のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの実情は?

ここまでの情報を踏まえた上で、気になるのは女性がUber Eats配達パートナーとして働いた際の、働きやすさや報酬などの実情だと思います。

Uber Eats配達パートナーでの報酬は、給料ではなく完全出来高制なので、男性と女性で差が出ることもあれば、男性と女性で働きやすさにも違いがあると思います。

ここからは、女性のUber Eats配達パートナーの実情を検証していきたいと思います。

安全性は?

配達という仕事の安全性も、女性が配達の仕事を行う上で気になる大きなポイントのひとつだと言えます。

Uber Eatsでは、配達をする時間帯を自分である程度設定することも可能で、人の少ない夜間での配達を避け、人の多い昼間の時間を選んで仕事を行えば、安全を確保して働くことができます。

配達先にも個人から会社までさまざまな需要があるため、自分が配達しやすいところを選べばその分安全性を確保することが可能です。

Uber Eatsは、配達に使う自転車や原付に関する保険に加入することが必須条件となっているので、この点も安全性を計る上でのポイントになると言えるでしょう。

女性は多いの?

Uber Eats配達パートナーには女性の方も多く、特に隙間時間を利用できるということから、主婦にも人気があるお仕事です。

専用アプリを利用することで、配達リクエストを好きな時間に受けることができ、また配達の経験がなくても専用アプリで地図表示してくれるので、未経験でも働きやすいです。

 

女性がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを行う際の注意点

それでは最後に、女性がUber Eats配達パートナーを行う際の注意点やポイントをまとめていきます。

相手に顔を知られてしまう

配達の仕事は対人メインの仕事なので、配達先の人に顔を知られてしまうことは、ある意味仕方のないことです。

知人やご近所の方に知られたくない方や、気になる方は、配達エリアを事前に決めておき、これらの不安を解消しましょう。

夜間配達には注意

配達がメインの仕事なので、もちろん需要があれば夜間での配達も実施しています。

ですが、女性の場合、「暗い夜道に不安がある」「夜間は人が少なく物騒」など、夜間の配達に不安を感じる女性も多いと思います。

不安がある場合は夜間の配達をできるだけ避ければ不安を解消できますが、どうしても夜間での配達を余儀なくされた場合は、普段使っている配達ルートとは別に、夜でも人が多いルートをなるべく選び、できる限りの対応をしましょう。

日焼け対策

Uber Eats配達パートナーでの仕事は基本外がメインとなるので、夏の昼間などは日焼けしてしまう可能性があります。

なので、日焼けが気になる女性の場合は、お肌のケアをしっかりと行ったり、日が落ちる夕方の時間帯を狙ったりなど、日焼け対策を考慮してスケジュールを考えましょう。

 

まとめ

完全出来高制の配達業務において、配達エリアのリサーチは報酬に大きく影響します。

配達エリアを事前にリサーチし、より効率の良い配達を行うことが、多くの報酬を得る重要なポイントであると言っても過言ではありません。

Uber Eats配達パートナーの報酬の仕組みをしっかりと理解した上で、自分が配達をするエリアのルートや交通事情などをしっかりとリサーチし、効率的な業務を心掛けましょう。

 

Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, 収入・時給

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料