Uber Eats Uber Eatsエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)は横浜でも稼げる?報酬の仕組みやエリア事情から稼ぎ方を解説!

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は新しいタイプの飲食宅配サービスとして現在注目されており、サービスエリアは年々拡大傾向にあります。

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)は横浜でも稼げるのかを、報酬の仕組みやエリアの事情などから検証していきたいと思います。

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の仕組み

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で稼ぐためには、まずはその仕組みを理解することがポイントと言えます。

ここでは最初に、Uber Eatsでの働き方や、報酬の算出方法など、Uber Eatsの仕組みについて解説していきます。

個人事業主として契約

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、個人と会社で雇用契約を結ぶのではなく、個人事業主としてUber Eatsから仕事を請け負うことになります。

一般的に言う「配達員」をスタッフや従業員、社員ではなく、「Uber Eats配達パートナー」と呼ぶのは、このことが所以だと言えるでしょう。

ですので、一般的なアルバイトやパートタイマーとは異なり、時間によって報酬が発生するのではなく、1配達に対しての報酬が、Uber Eats配達パートナーとして働いた際の収入となります。

「雇用契約ではなく個人事業主として働く」「報酬は完全出来高制」この2つのことが、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))の配達パートナーとして働く最大の特徴と言えるでしょう。

報酬は完全出来高制

上記でもあったように、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での報酬は完全出来高制となっています。

報酬は各項目の合計金額で算出され、また、各項目にはそれぞれ、種類であったり内訳が存在します。

報酬は「基本報酬+インセンティブ-サービス手数料」で算出されます。

基本報酬 「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」この3つを合計した金額
インセンティブ ブーストやクエスト、不定期の特別キャンペーンなどの追加報酬
サービス手数料 基本給に対して必要となる手数料

次項からは各項目をそれぞれの解説をしていきます。

基本報酬

基本報酬はUber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で得られる報酬全体の軸とも言える項目です。

この仕組みをしっかりと理解することが、配達パートナーとしてより多くの報酬を得られるための基本となるポイントと言えます。

受け取り料金 飲食店から料理を受け取った際に発生する料金
受け渡し料金 料理を注文した注文者に料理を受け渡した際に発生する料金
距離料金(1km) 配達距離に関して発生する料金

それぞれに発生する料金はエリアによって異なります。

Uber Eatsはエリアによって稼ぎ方が異なる」と言われる理由としては、エリアによる金額の違いが大きな要因と言えるでしょう。

以下はエリア別の料金の目安になります。

エリア 都道府県 受け取り料金 受け渡し料金 距離料金(1km)
関東 東京 265 125 60
埼玉 265 125 60
千葉 265 125 60
神奈川 250 120 60
中部 愛知 215 105 60
近畿 大阪 215 105 60
京都 215 105 60
兵庫 215 105 60
九州 福岡 215 105 60

このように各エリアに応じた料金が項目ごとに発生します。

ここでは、横浜での検証をしているので、神奈川の料金が目安になるでしょう。

インセンティブ

インセンティブとは、状況や環境、エリアなど、さまざまな要素を踏まえて算出される追加報酬のことです。

インセンティブに、ブースト、特別キャンペーン、クエストと、いくつか種類があり、各種類にはそれぞれ特徴があります。

ブースト 基本報酬に掛け算される数値のことで、ブーストの数値は曜日や時間帯、天候、人などさまざまな要素で変動します。
特別キャンペーン 季節やイベントなどに応じて追加される報酬で、こちらは不定期で実施されています。
クエスト 「○○回配達達成で□□円」など、用意されたミッションをクリアすることで追加される報酬です。

状況や環境、季節やイベント、働き方などに応じてさまざまインセンティブが発生します。

これらを上手く活用することも効果的に報酬を得るためのポイントと言えるでしょう。

サービス手数料

基本報酬に対して引かれる手数料のことで、現在はエリアに関係なく一律10%がサービス手数料の率とされています。

例えば基本報酬が500円の場合は、ここから10%分、つまり50円がサービス手数料で引かれる金額と言うことになります。

神奈川は全国的にも高単価

横浜の場合、神奈川エリアに属するため、上記の表にもあるように、「受け取り料金=250円・受け渡し料金=120円・距離料金=60円」と、こちらが基本報酬の基準となります。

上記の表にもありましたが、神奈川県は関東に次いで2番目に高いエリアなので、全国的見ても高単価であると言えます。

また神奈川、特に横浜の場合は、企業やお店、住宅地も多いため、配達件数が多い傾向にあり、宅配需要も高いと考えることができるので、全国的にみても、横浜エリアは比較的稼ぎやすいエリアであると言えるでしょう。

ですがその分、配達パートナーの人数も多いと予想できるので、より多く稼ぐためには、やはり効率的な業務を行うことがひとつのポイントとも言えます。

(ちなみに、Uber Eats配達パートナーを始めたい方は、手順として、①Web登録②本登録になります。まずはWeb登録をしましょう。)

 

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))横浜で稼ぐポイント

ここまでの情報を踏まえて、ここからはUber Eats(ウーバーイーツ)横浜で稼ぐポイントを検証していきます。

エリアごとの特徴を把握する

神奈川エリアの場合、「横浜」と「川崎」にエリアを分けることができますが、横浜の場合、中にはサービス非対称のエリアもあります。

横浜では配達エリアが、横浜中心部~湾岸部がメインとなり、場合によって川崎でも配達を行うことが可能です。

横浜での対象エリア
  • 西区
  • 南区
  • 中区
  • 保土ヶ谷区
  • 神奈川区
  • 港北区
  • 磯子区
  • 鶴見区
川崎での対象エリア
  • 中原区
  • 川崎区
  • 幸区
  • 高津区

区の数だけをみても、川崎に比べ横浜の方が対応エリアが広いため、神奈川エリアではやはり横浜をメインで活動した方が稼げると言えます。

ですが、例えば、東京と神奈川の県境に住んでいて、その辺りのエリアを配達する場合は、単価の高い東京で配達パートナーをする方が稼げる場合もあります。

住んでいる場所や、配達する場所の立地をしっかりと理解し、そのエリアごとの特徴をしっかりと把握しておくことが、大事なポイントと言えるでしょう。

需要を考える

そのエリアの宅配需要を考えることも、稼ぐためには大きなポイントと言えます。

横浜エリアのひとつをとっても、この地域は企業が多い、この地域は住宅街、この地域はマンションや団地が多いなど、地域ごとに特徴が異なります。

企業が多い地域であればお昼時がその地域の宅配需要であり、住宅街やマンション、団地が多い地域は夕飯時がその地域の宅配需要と言えます。

例えば、主婦の方であれば活動しやすい時間帯が午前~夕方までなので、企業の多い地域を選ぶ、学生さんの場合であれば、活動しやすい時間帯が夕方~夜間になる傾向が強いため、住宅街を選ぶなど、需要に応じて働くスタイルを合わせることも大事と言えるでしょう。

効率化を目指す

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))での報酬は完全出来高制によって支払われるため、つまりは数をこなすことが、より高い報酬を得るための最大のポイントと言えます。

例えば1時間当たりの配達を1件増やすだけで、基本報酬が430円分の差額が発生し、これは非常に大きな差であると言えるので、配達を効率よくこなすことが何よりも大事です。

配達を効率よく行うポイントしては、「最短ルートを選ぶ」「導線を作る」「立地を把握する」など、さまざまな要素がありますが、どの要素も「そのエリアの特徴をしっかりと把握」することが共通のポイントと言えます。

例えば、時間帯による人の多さ、配達ルートの信号の数、曲がり角の数など、エリアによっては特徴がさまざまなので、これら配達するエリアの特徴をしっかりとおさえておくことが、配達の効率化に大きく影響すると言えるでしょう。

いずれにせよ、自分で配達をしてみて「稼ぐ嗅覚を身に着ける」のが一番手っ取り早いでしょうから、まずはUber Eatsの公式ページからweb登録をしてみましょう。

 

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎについて詳しく知りたい方は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、下記ページをみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

まとめ

ここまで、Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))は横浜でも稼げるのかを、報酬の仕組みやエリアの事情などから検証してきました。

人の多さや、単価の高さ、宅配需要など、総合的に見た場合、横浜エリアは全国的にも稼ぎやすいエリアでると言えます。

ですがいくら単価に恵まれ稼ぎやすいエリアであっても、配達効率が悪ければ、横浜よりも単価の低いエリアより報酬が低くなってしまうこともあります。

Uber Eats(Uber Eats(ウーバーイーツ))で稼ぐ際は、エリアも重要な要素ですが、配達しやすい環境を自分で作ることも、Uber Eatsで稼ぐ大きなポイントであると言えるでしょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎについて詳しく知りたい方は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、下記ページをみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, Uber Eatsエリア

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料