Uber Eats Uber Eatsエリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)は八王子・町田でも使える!利用可能なレストランや配達パートナー情報を紹介!

 

Uber Eatsは東京都を中心に全国各地の都市で利用できるフードデリバリーサービスです。

東京都内では23区内で利用できるイメージが強いですが、実はそれ以外の地域も配達エリアになっていることをご存知でしたでしょうか。

 

八王子や町田といった西東京エリアもUber Eatsが利用できるようになっています。

 

今回はUber Eats八王子・町田エリアの情報をユーザー側/配達パートナー側に分けて紹介していきます。

 

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)を八王子・町田で使う

Uber Eatsでは2019年8月6日から八王子、町田でも利用ができるようになりました。

 

東京都内では23区内全域を始め、以下の地域でも利用可能となっています。

 

【Uber Eats23区外の配達エリア】

・武蔵野市

・調布市

・三鷹市

・狛江市

・西東京市

・小金井市

・府中市

・八王子市

・町田市

・国分寺市

・国立市

・立川市

・小平市

・東村山市

・日野市

・東久留米市

・東大和市

・昭島市

・羽村市

・福生市

・武蔵村山市

 

23区以外でも中央線沿線エリアや西東京エリアでも利用ができます。

 

八王子市に関しては、日野市、立川市などと地続きになっていますが、町田市に関しては東京エリアや川崎・横浜エリアからも離れた位置となっています。

 

①八王子・町田エリアで配達可能なレストラン

八王子・町田エリアで配達可能な人気レストランについては以下のようになっています。

 

【八王子エリア】

・ファーストフード(マクドナルド、ケンタッキー、バーガーキング、フレッシュネスバーガー、サブウェイ)

・はなまるうどん 八王子駅北口店

・からやま 八王子並木町店

・ガスト 八王子散田店

・バーミヤン 八王子万町店

・奥芝商店 八王子片倉城

・中国料理 八仙菜館

・餃子のさんくみ 八王子店

・赤から 八王子北口店

・デニーズ 八王子八日町店

・中華食堂一番館 八王子駅前店

など

 

【町田エリア】

・ファーストフード(マクドナルド、モスバーガー)

・情熱のすためし どんどん 町田店

・ラテグラフィック

・獅子丸 町田総本店

・タイ料理 マイペンライ

・一茶

・横浜家系ラーメン 町田商店

・から好し

・ゼロワンカフェ

・ヌードルボールマゼ

・トラットリア シェ ラパン

・スパゲッティーのパンチョ相模原店

など

Uber Eatsの八王子と町田で注文できるレストランを見てみる

 

2.八王子・町田でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働く

ここからは八王子・町田エリアでUber Eatsの配達パートナーとして働くための情報をまとめていきます。

こちらのエリアで配達パートナーを始めようと考えている方は参考にしてみてください。

 

東京23区と比較して報酬や地理的な特徴など、どのような違いがあるのかみていきましょう。

 

①八王子・町田の配達パートナーの報酬体系は?

Uber Eatsの配達パートナーは1回の配達によって以下の報酬が受け取れます。

 

・受け取り料金

・受け渡し料金

・距離料金

・サービス手数料10%

 

注文ごとに「受け取り料金」「受け渡し料金」「距離料金」の合計額からサービス手数料の10%を差し引いた分が報酬となります。

 

また、時間帯や指定エリア、配達回数に応じて受け取れるインセンティブの「ブースト」もあり、より多くの報酬を稼ぐことができます。

 

1回あたりの配達でもらえる報酬は地域によって異なります。東京23区エリアと八王子・町田エリアでは以下のようになっています。

 

受け取り料金 受け渡し料金 距離料金 サービス手数料
東京23区エリア 265円 125円 60円/km 10%
八王子・町田エリア 265円 125円 60円/km 10%

 

23区も八王子・町田も同じ東京都エリアに属すためそれぞれの配達料金は同額に設定されています。

 

ちなみに、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼ぎについて詳しく知りたい方は、実際にUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの収入を公開しているので、下記ページをみてみてください。

 

>>Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

 

②面積と人口密度を比較

同じ東京都でも23区内と八王子・町田では面積も人口密度も異なります。地理的な条件が異なれば、配達スタイルも変わってくるでしょう。

「配達回数」と「距離料金」どちらで稼ぐのが効率的なのか、それぞれの面積や人口密度から明らかにしていきます。

 

【東京23区】

面積:619km²

人口密度:15,364人/km²

 

【八王子市】

面積:186.38km²

人口密度:3,097人/km²

【町田市】

面積:71.55km²

人口密度:6,068人/km²

 

八王子市も町田市も23区と比較して人口密度が小さくなっています。

また、23区と比較すると八王子・町田ともに周囲に山がある地域になっているため配達ルートによっては坂が多くなる可能性もあるでしょう。

 

3.八王子・町田で配達パートナーをやっている人の口コミや評判

八王子・町田エリアで配達パートナーをやっている方の口コミをチェックしてみましょう。

数字上のデータだけでなく、リアルな口コミを見ることによって配達パートナーのイメージが具体的に掴めます。

 

 

Uber Eatsの配達パートナーは人気も高まっていますし、エリアによって集中することもあるでしょう。

 

それでもエリア内での注文が少なければ1人あたりの配達回数はどうしても少なくなってしまいます。

 

まあいずれにしても、Uber Eatsは日々需要が増しているので、まずはUber Eats公式ホームページからweb登録して、サクッと配達開始して試してみるのがいいでしょう。

 

4.まとめ

Uber Eats八王子・町田エリアのユーザー側/配達パートナー側の情報をまとめていきました。

東京23区から離れたエリアでもUber Eatsが利用できるので気になる方は注文してみてください。

また、これらの地域でも配達パートナーとして活躍されている方が多くいるので、これから始めてみようと思っている方は口コミなどをチェックしてみましょう。

>>Uber.com

>>Uber Eats配達パートナー公式登録ページ

 

【人気記事】:Uber Eats(ウーバーイーツ) バイトより稼げるのか検証した【収入・時給換算】

ちなみに、東京都内在住の方は、Uber Eats配達パートナーだけでなく、現在は「menuデリバリー」も断然おすすめです。

報酬の仕組み・仕事の仕組みはほぼUber Eatsと同じですが、現在登録して、招待コード「DYX248」を入力して30回配達すると、30回配達の報酬とは別に、25000円がもらえます。
また、キャンペーン中で、1件あたりの配達単価が高くなっています。

東京都内在住の人はぶっちゃけこちらの方が今はお得なので、両方申し込んどくのがいいと思います。
招待コード:「DYX248」

>>menuデリバリー登録ページ

※登録の際に招待コードを自分で入力しないと、30回配達しても25000円がもらえないので、注意してください。 よければ招待コード「DYX248」を使ってください。

-Uber Eats, Uber Eatsエリア

© 2020 ウーバーイーツのバイト給料